「おひとりさま」とは適度にひとり遊びが好きな女性のこと。

彼と会えないと寂しく感じるのは当然ですが、忙しい彼とお付き合いするうえではひとりの時間を楽しめることが長続きのコツです。

そこで今回は、彼に愛される「おひとりさま女性」のポイントをご紹介します。

ひとりが苦手という人も、試してみると意外に楽しいかもしれませんよ!

大好きな彼に深く愛される♡「おひとりさま女性」のススメ

「ひとり行動」は寂しくない!

「ひとり」に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

多くの人は「ひとり=寂しい」と思うかもしれません。

でもじつは、「ひとりの時間」が充実して初めて「ほかの人と過ごす時間」が一層楽しいものに変わるのです。

ひとりでいるのが寂しいというのは今や古い価値観と言われることもあります。

「おひとりさま」を過ごすことができる空間が増えてきているのがその証拠。

では、「おひとりさま」を楽しむコツをご紹介していきます!

ひとりでお店に行ってみる

「おひとりさま」を楽しもうと思っても、さすがに最初からラーメン屋や居酒屋に行くのはハードルが高いかもしれません。

でもコーヒーショップや喫茶店なら、「おひとりさま」も珍しくはありませんよね。

ひとりがけのテーブルも多く、店によっては各テーブルにコンセントが配置されているなど、ゆっくり過ごすための設備が整っています。

最初はきっとドキドキしますが、案外ひとりのほうが好きなものをたのんでゆったり過ごせますよ。

行けそうなところから試してみてはいかがでしょう。

ひとりで楽しめる趣味を見つける

ひとりで楽しめる趣味を見つける

「誰かとする趣味」があるのなら、それはそれで大切にしてください。

でもそれとは別に「ひとりでもできる趣味」も見つけてみませんか?

なんでもいいのですが、オススメは映画やカラオケ。

映画館なら暗くてだれがだれと来ているのかなんて、ほとんど気になりません。

ひとりだといい席を取れることもありますし、集中して好きな映画を見ることができます。

「ヒトカラ」ももうポピュラーですよね。

だれにも気を遣わずに好きな曲を存分に歌うことができて、ストレス解消になりますよ。

ひとりの時間を充実させましょう

筆者も以前は「ひとり」が苦手でした。

コンビニですら、「ひとり」で入るのをためらってしまうくらい……。

でも子どもができて自分のタイミングで動くことが減ってから、「ひとりの時間」を熱望するようになり、やってみるとすごくハマってしまったのです。

ひとりでなんでも楽しめる女性は、とても魅力的ですよ!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)