結婚を見据えたお付き合いがしたいとなると、勢いだけで突っ走るのは危険です。

結婚はゴールではなく一つの通過点。

恋人としてはやさしかったのに、夫になったとたん豹変するなんてことは、決して珍しくありません。

今回は、結婚すると大変な思いをすることになる男性の特徴を紹介します。

やさしかったのに…「結婚すると豹変する男性」の特徴

お金の使い方が身の丈に合っていない

「デートでやたらと羽振りが良かった元カレ。趣味も充実させている様子なので、それなりの収入があるのかと思いきや、実家暮らしで貯金はゼロでした。

好きなことに使い切る金銭感覚に未来が見えないと思ったので、すぐにお別れしましたね」(29歳/サービス業)

やけにリッチな生活をしている男性は要注意です。

収入と収支のバランスが見合っていれば問題ありません。

しかし、身の丈に合っていない金銭感覚の持ち主は、「今」のことしか考えられない可能性が高いです。

将来を見据えて共に歩める人でなければ、結婚には向いてないと言えるでしょう。

思い通りにならないと不機嫌になる

「付き合っているときはちょっと俺様なタイプで、リード上手な彼に見えましたが、結婚後は自己中心的で譲歩できない人になりました。

思い通りにならないとすぐに不機嫌になるので、常に顔色をうかがってます」(31歳/専業主婦)

「自分の考えや流儀がしっかりある男性」と言うと聞こえは良いですが、そういった部分を妻に押し付けるような夫は危険です。

大切なのは、意見が割れたときに相手を思いやった判断ができるかどうか。

結婚前に注意深く観察してくださいね。

女癖が悪く浮気性がある

女癖が悪く浮気性がある

「結婚して妊娠が発覚した後、夫の浮気癖が発覚。私と付き合い始めたときも他の彼女がいたみたいで、そのときに違和感に気づいてれば良かった。

女癖の悪さは現在も治りそうになく、割り切った結婚生活になってます」(34歳/飲食店店員)

「信頼できるパートナーと穏やかに暮らしたい」と願うなら、浮気性の男性は選んではいけません。

一度でも浮気されると、疑いの気持ちが心の中でくすぶってしまうものです。

そんな人とずっと一緒にいると、精神的に振り回されてしまう可能性が高いですよね。

彼の女癖に難がないか、結婚前に確かめることも必要ですよ。

良いところと悪いところを洗い出そう

結婚相手の重大な欠点は、付き合っているときに見えることがあります。

そんな欠点は、結婚後に夫婦仲を壊す原因になりかねません。

まずは彼の良いところ、悪いところを洗い出し、幸せな結婚生活ができる相手かどうか見極めてくださいね。

(愛カツ編集部)