「気になる男性と初めてデートしたけど、次のデートには誘われなかった」なんて経験のある人は、意外と多いのではありませんか。

自分は楽しいと感じていても、相手が同じように楽しんでいるかは定かではないものです。

初デートが終わってから2回目以降も誘われるためには、ぜひとも意識してほしいことがあります。

今回は「初回だけで終わらせない!2回目以降のデートに誘われる秘訣」をご紹介。

次のページから、くわしく見ていきましょう。

初回だけで終わらせない!2回目以降のデートに誘われる秘訣

相手の好奇心を刺激すること

元カレの話、仕事の愚痴、周囲の不満などは、印象ダウンにつながりやすい話題です。

まだお互いのことをよく知らない初デートで、これらの話題を出すのは少々危険かも……。

印象ダウンになりそうな話題は避けて、明るい話題や趣味の話などを心がけましょう。

もし彼から過去の恋愛について聞かれたら、「人並じゃないかな(笑)?」とごまかしてみるのもひとつ。

また、「じゃあ次のデートで教えるね!」と、もったいぶるのもおすすめです。

彼の好奇心を刺激しつつ、次のデートにつなげられるでしょう。

デートを短時間で切り上げること

まず初デートは、食事や映画だけの短時間で終わるデートにするのがおすすめです。

初デートはどうしても相手に気を遣ってしまうものです。

いきなり長時間デートをすると、話すことがなくなってしまう、気を遣いすぎて疲れてしまうなど、結果的に「疲れるデート」になるケースも……。

逆に短時間のデートだと、「もうちょっと話したかったな」「もっと質問すればよかったな」という気持ちになりやすいため、次の約束もしやすくなるでしょう。

相手への気遣いを忘れない

相手への気遣いを忘れない

初回限定にならないためには、彼に「この子といるといい気分になれる!」と思わせることも重要。

彼の話をにこやかに聞く、興味を見せる、気遣いを忘れないなど、彼を立てる意識を忘れないようにしましょう。

些細なことでも「ありがとう!」「すごいね!」「さすが!」と彼を持ち上げる言葉をかけるのも効果的。

男のプライドを立てることができ、彼もいっしょにいて楽しい、居心地がいいと感じるはずですよ。

相手に頼りすぎない

受け身になりすぎた結果、デートが盛り上がらずそれっきり……というケースも少なくありません。

彼のリードに任せるのも大切ですが、なにごとにも受け身で彼任せだと「意見がない子で面白みがない」「なんでもこっちが判断しないといけなくて疲れた……」と思われてしまう恐れもあります。

「女性に任せたほうが楽!」という男性も少なくないですし、「〇〇に行ってみない?」「〇〇が食べたい!」と自分の意見を伝えることも大切。

デートに積極的で、どうしたいかはっきり言ってくれる姿に好感を持つ男性も多いはずです。

「デートを楽しくしよう!」という意識をお互いが持とう

「デートは男性が楽しませてくれるもの」だという意識がもし頭のなかにあるのなら、その考えを一度捨てることをおすすめします。

お互いに「デートを楽しくしよう!」という意識が次につながる秘訣です。

今回ご紹介した4つの意識で、気になる彼とのデートを重ねていってくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)