「あんなに好きだったのに、付き合いだした途端冷めてしまった……」

そんな冷めやすく、恋愛が長続きしない人には共通の特徴があるようです。

今回は付き合ってもすぐに冷めてしまう原因と対処法をご紹介します。

ぜひ、ご自身に当てはまっていないかチェックしてみてください!

あなたは大丈夫?恋愛に冷めやすい女性の特徴

相手への期待が大きい

冷めやすい女性は、男性への期待が大きい傾向があります。

「彼氏なんだから○○してくれるはず」「いつもかっこよくいてほしい」など。

そんな期待に男性が応えてくれないと、気持ちがどんどん冷めていくのでしょう。

でも自分が持つ理想の彼氏像を、常に体現し続けてくれる男性はなかなかいません。

どうしても譲れないもの以外は、大目に見てみては?

最初から完璧なものはありません。ふたりでお互いがいいと思える関係を築いていくのです。

そう考えることで、長くお付き合いができるようになるかもしれませんね。

恋に落ちやすい

次に、出会って間もない男性に恋することが多い女性も、冷めやすいタイプ。

外見や雰囲気に惹かれたり、その場が盛り上がったりして付き合い始めたものの、なんか違う……なんてことになりがち。

すぐ好きになるのは悪いことではありません。

ただし、男性の内面をしっかり理解した上でお付き合いすることが大事。

好きな男性ができたら、普段の行動をチェックして、どんな価値観の人なのか、どんなことを大事にしている人なのか探るようにしましょう。

本当に自分が一緒にいたいと思える人なのか見えてくるはずですよ。

ドキドキ=恋愛だと思っている

恋愛において「ドキドキする相手かどうか」は重要なポイント。

しかし、一緒にいる時間が長くなれば慣れが生じて、ドキドキすることは減っていくもの。

ドキドキや刺激がないと恋愛じゃない、と思っている方は少し考え方を変えたほうがいいかも。

長く付き合っているからこその安心感や落ち着きを楽しみつつ、二人で行ったことのない場所に出かけたり、新しいことに挑戦したりすることでドキドキ感を味わえますよ。

自分をよく見せようとしすぎる

誰しも、好きな人には嫌われたくないと思うもの。

しかし、嫌われたくないからとなんでも彼に合わせてしまっていませんか?

無理をして合わせた結果、付き合って早々疲れてしまうなんてことも……。

素の自分を見せられないままでは、長く付き合うことはできません。

自分の意見を言うこと、不満があるなら小出しにすることが大事ですよ。

冷めてしまう原因を探ろう!

付き合ってもすぐ冷めてしまい、長続きしないことをどうにかしたいと思っているあなた。

今回ご紹介したポイントのなかで当てはまるものがあるのなら、直すように意識してみてください。

長くお付き合いしたからこそ見えるもの、得られる幸せもありますよ!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)