お互いが「両思い」と確信できるような状況なのに、なかなか告白してくれない男性っていますよね。

毎日LINEをしてデートも盛り上がって、たまに電話もしているのに、なぜ告白をしないのでしょうか?

そこには、男性にしかわらかないさまざまな悩みがあるようです。

今回は、両思いっぽいのになかなか告白してこない男性の気持ちを解説します。

遊ばれてるの?両思いっぽいのに…告白してこない男性の理由

生活が変わってしまうから

彼女ができると自分の生活が変わってしまうのが怖いため、なかなか告白に踏み切れない男性は珍しくありません。

とくに働き盛りの年代だと、「彼女ができて仕事に影響がでないか不安」と思っている人は多いようです。

恋人がいると少なからず時間もお金もかかるので、そのぶん仕事に使える時間や勉強に使えるお金は減ってしまいます。

そんな彼には、「束縛しないアピール」や「奢らせないアピール」、「あなたの仕事を応援しますアピール」が効果的です。

相手が懸念している点を徹底的に払拭して、告白させるようにつなげましょう。

冷静になる時間がほしいから

両思いとわかりきっている相手がいると、毎日ウキウキして浮かれている状況でもありますよね。

過去の彼女選びで大きなトラウマを抱えている男性は、「冷静になって考える時間がほしい」と思うことがあるそうです。

このタイプの男性に対して、告白を急かすような行為は絶対に避けましょう。

告白してこないことに対して怒ったり、不満を漏らしたりすると、「やっぱりこの子と付き合うのは不安だな」と感じてしまうことも。

二人きりではなく周りを巻き込んで遊ぶ、話をしっかり聞いてあげるなど、自分の信頼度を高める努力をしたほうが近道ですよ。

現状で満足しているから

現状で満足しているから

いまのラブラブな状況に満足しており、それ以上を望んでいない。

つまり、「付き合いたい」と思っていない可能性もあります。

それは決してあなたのことが好きじゃないとか、浮気をしたいというわけではありません。

ただ単に今を楽しんでいるので、「付き合う」という選択肢がないだけなのです。

そんな彼には、思い切って「〇〇くんみたいな人の彼女になりたい」とアピールしてみましょう。

もしかしたら、男性の気が変わるかもしれませんよ。

男性の背中をそっと押すことがポイント

なかなか告白してこない男性は、決してチャラいわけではありません。

付き合うことに覚悟がいると思っているタイプなので、晴れて恋人になれた際は大切にしてくれるでしょう。

彼の心境に合わせて、そっと背中を押してあげてくださいね。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)