多くの場合、男性は本命の女性に対してあれこれ質問することが苦手なようです。

好きな人の前では、少し余裕ぶった態度をとってしまうのかもしれませんね。

そこで今回は、男性が「本命の女性だからこそ聞けないこと」を4つご紹介します。

意外とシャイ?男性が「本命の女性にこそ聞けないこと」4つ

「〇〇なタイプの人ってどう思う?」

本命の女性がどんな男性を好きなのか、理想のタイプはどんな人なのか、多くの男性が知りたいものです。

でも、実際は「好きなタイプ」よりも「NGな男性」がどんな男性なのか気になるという男性も少なくありません。

経済力、身長、職業など、コンプレックスに思っていることを本命女性に拒絶されたら……と怖がってしまい、なかなか聞き出すことができないのでしょう。

「あんな男性は無理だな~」と気にせず発した言葉が、じつは男性のコンプレックスに当てはまっていることも。

知らず知らずのうちに相手を傷つけないためにも、否定的な発言は控えたほうがベターでしょう。

「彼氏はいるの?」

「彼氏はいるの?」という簡単な質問でも、怖くて聞けない……という男性は意外と多いものです。

フリーなのかはっきりさせたいという気持ちからなんとか聞くことができても、実際に好きな人がいると知ってしまうと、ショックを受けてしまいます。

フリーだとわかっているのに、恋愛の話題になっても「好きな人はいるの?」と聞いてこないのは、あなたのことが気になっているからこそかもしれません。

よほど傷つきたくないのでしょう。

思わせぶりに「好きな人がいる」と伝えてみるのも1つの方法ですが、男性の性格によっては脈なし判断をしてしまう場合も。

誤解を生まないように気をつけてくださいね。

「誰かにもらったの?」

指輪やピアスなどのアクセサリーを女性が身に着けていると、男性からのプレゼントなのではないか?と、内心勘ぐってしまう男性はたくさんいるようです。

でも、本命には怖くて聞けないという男性も少なくありません。

身の回りのものに関心を示してくれなくても、自分に興味がなさそうと決めつけるのは早いですよ。

「昨日はなにしてたの?」

本命女性からLINEが返ってこない、連絡がないなどの状況はなにをしていたのか、誰かと一緒だったのではないか、いろいろ気になってしまうのもシャイな男性の特徴のひとつです。

でも女々しいと思われたくない、聞くのが怖いという気持ちから、「昨日なにしてたの?」「誰と一緒だったの?」などといった、質問ができないという男性もたくさんいるんだとか。

ちょっとくらい連絡がなくても、お互い詮索されたくありませんよね。

気になる彼には、駆け引きだとしても不安を与える行動はほどほどに注意してくださいね。

気になる彼はシャイなだけかも

思っている以上に男心はデリケートなよう。

本命だからこそ聞けないという気持ちから、本命なのに興味なさそうな素振りになってしまうことも少なくありません。

目に見える行動だけで脈なしだと決めつけてしまわないように、男心をよく観察していきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)