ワガママな女性。どのような印象を、皆さんは持っているでしょうか。

男性に引かれそうだからとワガママな自分を抑えてこみ、そつなく振る舞っている人も多いかもしれません。

たしかにワガママがすぎるのは問題。ですがちょうどよいワガママ具合だったらむしろ、男性から本命視されることもあるのです。

そこで今回は「ワガママなのに…?男性から本命視される女性の特徴」を紹介します。

ワガママなのに…?男性から本命視される女性の特徴

ワガママの加減を把握している

本命彼女に多いワガママ女性の特徴のひとつに、ワガママの加減を理解していることがあげられます。

「ここまでなら許してもらえる」「これは彼がいやがること」と、ワガママの線引きができると、面倒な彼女とは思われません。

相手の性格や価値観をよく理解しているからこそ、許されるワガママで甘えることができ、ラブラブな関係を築くことができるのでしょう。

自分の意見をはっきり伝えている

男性から愛されるワガママ女性の多くは、言いたいことをはっきり言う性格の人が多いです。

自分の意見をしっかり伝えることで、悟ることが苦手な男性からは、「どうしてほしいのかわかって行動しやすい」「本音で話し合える」と思われやすくなります。

また、いやなことは「イヤ」とはっきり言うことで、なんでも許してくれるわけではない、価値ある女性だと男性に認識させることも。

遠慮して自分の意見を飲み込んでしまうタイプの人は、自分の意見をしっかり伝えることも大切です。

意見を言うことがワガママに直結するわけではありませんし、男性との距離を縮めやすくなりますよ。

時には彼のワガママも受け入れている

時には彼のワガママも受け入れる

一方的なワガママは、相手に不満を抱かせてしまうことにつながります。

本命に選ばれるワガママ女性は、ワガママを言うだけではなく、ときには彼のワガママを受け入れる「お互いさまの精神」を持っていることが多いです。

だからこそ、男性もお互いさまだからとワガママを受け入れることができます。お互いにワガママを言いあえる関係は、それだけ親密な関係を築けているということ。

そんな心の距離感が、本命彼女として大切にしていきたいという気持ちにつながっているのでしょう。

しつこくない

ワガママを言う際に一番気をつけたいことは、しつこくないこと。しつこい態度を嫌う男性は多いですし、そのしつこさが面倒なワガママとなって心が離れてしまう原因になりやすいです。

かわいいワガママを言える女性を目指す場合。「ダメ」と言われたワガママはあっさり引き下がる、もしくはいつまでもしつこくお願いしないなど、サバサバした対応も忘れないで。

ワガママを聞いてもらえなかったことをネチネチと引きずってしまうのもタブーですよ。

適度なワガママのコツを覚えて

ワガママを言わない子が、必ずしも恋愛で有利になるわけではありません。

「甘えられたい」「振り回されたい」そんな本音を持っている男性は意外と多いもの。

だからこそ面倒さを感じさせない適度なワガママのコツを覚えて、恋愛成就を目指してみてくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)