「あなたのことを大事にしてくれる人を選びなさい」と聞いたことがあると思います。

でもこれって、とても抽象的ですよね。

「大事にしてくれる」とは、具体的にどういうことなのでしょうか?

そこで今回は、あなたを「ずっと大事にしてくれる」男性の特徴と、そうした人を見抜くコツをご紹介します。

そうではない男性との見極め方も合わせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

辛い恋にサヨナラ!「ずっと大事にしてくれる男性」を見抜くコツ3つ

1.私生活が充実しているかどうか

「君が全て」と言われると、一見、大事にされているように思えるかもしれません。

でも人は、ひとつのものが「全て」になってしまうと、失うことが怖くなり、それに「執着」してしまいます。

たとえば、あなたが他の男性に惹かれるのを恐れて、外出を制限したりメイクや服装を指定したり、趣味や好みにまで口を出したりしてくるかもしれません。

あなたの自由を制限し、どんな手を使ってでも自分の元から手放さないようにするのは、あなたのことを本当に大事にしているとは言えないのです。

彼の私生活がそれなりに充実していて、あなた以外にも楽しみや生きがいのある男性を選ぶようにしてみてください。

2.あなたの成功を喜んでくれるかどうか

当たり前のようなことですが、意外とプライドの高い人や自信がない人はその逆の行動をとります。

あなたの成功を「その程度で」「大したことない」と言って喜んでくれなかったり軽んじたり。

失敗したあなたに「だから言ったじゃん」「なんでそんなことしたの?」と馬鹿にしたり下に見たり。

自分のプライドを保つためとはいえ、いちいちそんな風にマウンティングされると、あなたが傷ついてしまいます。

あなたよりも自分のプライドを優先するような男性は、避けたほうが良いでしょう。

3.あなたが嫌がることをしないかどうか

あなたが嫌がることをしないかどうか

好きな子はついいじめてしまう……とよく言いますが、それはあくまでも恋心を素直に伝えることができない男性がやること。

本当に大事にしてくれる男性は、「ちょっとした意地悪」はしても「嫌がらせ」はしません。

たとえば、たまにあなたの失敗をからかったり、驚いた反応を楽しんでいたりしていても、あなたが傷ついたのだとわかれば、すぐにやめて、謝ってくれるはず。

あなたが「やめてほしい」と言っても「冗談がわからないやつだ」とあなたのせいにしようとしたり、逆ギレしたりするような人は、あなたではなく自分のことを優先していると言えます。

彼が、あなたの嫌がることをちゃんとやめてくれるかどうかを、しっかり見極めてくださいね。

幸せな恋をするために

辛い恋愛をしてきた女性は、彼のことを自分以上に大事にしてきた人ではないでしょうか。

あなたが、他者を大事にすることができる人なら、同時に、「大事にされる人」でもあるはず。

素敵な男性を見極めて、幸せな恋愛をしてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)