女性にとっては普通のことでも、男性にとってはびっくりしてしまうことも。

あまりにも女性に対する幻想が砕かれると、男性はショックを受けてしまうよう。

そこで今回は、男性に「女って怖い……」と感じた瞬間を聞いてみました。

男性に聞いた!「女って怖い……」と感じた瞬間4選

1.別れてすぐ結婚していた

「結婚式場まで予約していた彼女といろいろあって別れてしまいました。ところが半年ほどたった頃、その子が結婚したという噂が。そして、挙式は僕と一緒に予約したあの教会でした。日取りもそのままです。

確かに、予約のときも別れるときもその辺りのことは曖昧で、彼女が「やっておく」というので任せてしまいましたが、相手とはいつから付き合っていたのか?とか考えると怖くてなにも聞けないです」(31歳/IT)

その会場での挙式に強いこだわりがあり、何股もかけていたなかから結婚にこぎつけたのかも?と考えると怖いですね。

たとえ違うとしても、本人にはなかなか聞きにくいものです。

2.切り替えが早すぎる

「電車に乗っていたら、女の子が乗り込んできて、ホームに立って見送る彼氏らしい人にニコニコしながら手を振っていました。電車が動いて彼氏が視界から消えた瞬間にその子が真顔になってスマホを取り出し、すごい勢いでLINEのチェックをはじめました。

他人ごとだけど『じつはデートが楽しくなかったのかな』と考えてしまうし、自分の彼女もこうだったらイヤだな」(25歳/飲食)

本当に楽しいデートのあとは、彼と別れて家に帰る途中もニコニコしてしまうものですよね。

自分の世界に戻るのが早くて悪いということはありませんが、あまりの切り替えの早さはドライすぎる印象を与えます。

似たケースでは「バイバーイって彼氏が背を向けた瞬間に無表情になる子も怖い」のだとか。

とはいえ、これは男女に限らないと思いますが……。

3.すぐに悪口を言う

3.すぐに悪口を言う

「女の人って、嫌いな人とも仲いいフリをしたがりますよね。その子が席を外すとすぐ悪口を言うくせに、わざわざ飲み会に誘ったり、ランチに一緒に行ったり、必要以上に関わりを持ちたがるのはなんで?

職場の人間関係なんてドライにやればいいのに。お互いに悪口言われるのが怖くて見張り合っているようにも見える」(29歳/コンサル)

ギャップに萌える男性も多いですが、女性のこんな二面性は理解できないそう。

実際に、人の行動を見張るのが好きで個人行動させたがらない仕切り屋の女性というのはいますが、男性から見れば見張られているこちらも同レベルに見えるようです。

適度に距離を保ちましょう。

4.「女子トーク」がえげつない

「既婚者の男友達の小遣いが月3万円と聞いて、女性たちが『3万って何するの?家と会社の往復?』『浮気できないように、嫁がわざとやってるんじゃないの?』『え、でもあの人浮気してるよ』『ウソ!ウケる!それこそ3万で何すんの?』『居酒屋で貧乏ごっことかじゃない?』と大騒ぎ。

『不倫なんていい思いしないと意味ないのに、3万しか持ってない男の遊び相手やってる女もバカすぎる』と、不倫はダメ!というトーンではなく、「小遣いが少ないのに不倫」という点を『生意気』と笑ってるのを見て、本当に怖くなりました」(28歳/マスコミ)

「女子会」に参加してもあまり違和感を感じさせない男性もいますが、なにを話してもいいと言うワケではありません。

あまりにもえげつないトークは封印する場面も必要です。

あなたは大丈夫?

男性が本命にしたい女性は、腹黒く怖い女性ではありません。

あまりに黒い女性の素顔は、劇薬のように男性の心を蝕みます。

欲や本音の出し方には注意を払っていきたいところです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)