年齢を問わず、多くの人々がインターネットを利用している時代、恋に落ちる相手は必ずしもリアルの知り合いとは限らないでしょう。

とくにSNSは不特定多数の人たちと気軽に繋がれるツールです。

そこで知り合った人に恋をしてしまったら……。

今回は、そのような状況下に試したい恋の手順についてご紹介します。

SNS経由で恋に落ちたら……どうやってアプローチしたらいいの?

リアルで男友達を作る

会ったことがない人に恋をしてしまう背景には、自分自身の恋愛経験の少なさが影響しているかもしれません。

SNS上で気になる人にアプローチをする前に、リアルな知り合いとの交流も楽しみましょう。

異性とのコミュニケーションがうまく取れるようになれば、ネットで気になった人とも仲良くなりやすいはずですよ。

気になる相手がどんな人かチェックする

気になる人がどのような人物なのか、詳しく知ることはとても大事なことです。

SNSの投稿の内容などから、相手の情報を把握しましょう。

ネットからの出会いの場合、気になった人と住んでいる場所が遠すぎるなんてことも珍しくありません。

お互いに遠距離恋愛はOKかなども、チェックする必要がありそうです。

簡単なやり取りを始めてみる

ひたすらに相手の投稿に目を通すのは、相手を遠くからじっと見ている状態と同じです。

せっかくやり取りできるツールがあるのですから、積極的に交流しましょう。

このときに、いきなり異性として意識したやり取りはNGです。

ポイントは、「私も○○好きです」「私も○○の仕事していました!」など、相手との共通点を見つけること。

仲良くなりたい意志を、前向きに見せられるといいかもしれませんね。

文面などを考えすぎない

文面などを考えすぎない

気になった投稿があったら、肩の力を抜いて、気軽にメッセージを送りましょう。

心を通い合わせるようにやり取りができると、相手もあなたのことを気になり始めるはず。

もしも、やり取りがプライベートな話題におよぶなら、ダイレクトメールやLINEに切り替えるなど、工夫が必要です。

共通のフォロワー同士で雑談してみる

一対一だと上手くいかない場合は、共通のフォロワー同士で雑談してみましょう。

いわゆる飲み会、合コンといった状態をネット上で作るイメージです。

お見合い状態を避けられますし、2人の間を取り持ってくれる人もできるかもしれません。

実際に会うときも、オフ会を開くように楽しめるので、おすすめです。

客観的な視点を忘れないで

SNSから始まる恋愛は、悪いことではありません。

ただ、相手を信頼しすぎず、客観的な視点を持ちつづけましょう。

どのような恋愛も盲目になりすぎず、楽しみながらアプローチすることを意識しましょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)