「悪い子ではないんだけど、次のデートを誘うほどでは……」と男性に思われてしまう女性。

そんな女性は、デートで印象に残らないことが多いんだとか。

嫌われてはいなくても、印象が薄い相手に「付き合いたい」「振り向いてほしい」と思う男性は少ないですよね。

そこで今回は、2度目のデートのお誘いがない理由を探ってみました。

2度目のデートのお誘いがない「印象に残らない」女性とは

質問に対して「どっちでもいいよ」

「和食とイタリアン、どっちがいい?などの僕の質問に『どっちでもいい』しか言わない子は困る。

どっちでもいいっていう割に、どっちを選んでも反応が薄い……。なに考えてるかわからない子との2度目のデートはない」(26歳・男性)

お互いに、相手に遠慮しがちな初デート。

遠慮しすぎて、彼に自分の意見を一切言わない女性も少なくないようです。

しかし、男性にとってはそれは「張り合いのない態度」でしかありません。

喜んでいるのかどうかもわからない、なにを考えているかも伝わらない、これではまた会う必要はないと思われてしまうでしょう。

「どっちでもいい」は、彼に負担をかける、ある意味図々しい態度であることも忘れないで。

デートコースのミス

「後輩に映画に誘われて行きました。仕事帰りに待ち合わせて映画館のフードコートで軽く食べて、映画を見て。

終わった後に、軽く飲む?と聞いたら『お腹いっぱいだし、平日だからお酒は』と断られて解散。ただ映画見ただけでつまらなかった」(27歳・男性)

よくデート先としておすすめされがちな映画ですが、それは「ある程度気の知れた関係」になってからのこと。

会話をしない時間がかなり長く発生してしまう映画は、そもそも初デートには不向きなんです。

チケットがあるなどの口実があれば、好きな人を誘いやすいという点はありますが、映画の前後にコミュニケーションを取らないとただの映画鑑賞です。

映画をフックに会話を盛り上げるなど、デートを盛り上げるためのアイテムとして取り入れましょう。

譲れないことはきちんと主張する

譲れないことはきちんと主張する

「初デートで割り勘を拒否されたので驚いたのですが、でも、二軒目のカフェで『高級店で割り勘するならファミレスでいい』と考えを伝えてくれた。

大体は、ムスッとしながら半額払うような子が多いから、彼女のことがすごく印象に残った」(29歳・男性)

このケースでの「不本意なのに割り勘に応じてしまう」という女性のような「本心に嘘をつく女性」は、その場では悪印象を持たれることもない代わりに、印象には残らないと男性たちは言います。

たとえば「奢って」とはっきり言うことで反感を買うこともあるとは思いますが、それが本心からのあなたの願いの場合、拒否されるならそもそも彼との相性自体が良くない可能性も。

どうしても譲れないことはきちんと主張する方が、印象は強くなるし合わない人も遠ざけられる、いい方法と言えそうです。

本心を伝えることが大事かも

デートの誘いに口実を用意したり、思ったことを言わないなど「本心を隠す」ことは、あなたを「どこにでもいる子」に見せてしまいます。

いい子には見えるけど、別にそういう子はどこにでもいる……。

そう思われたら次はありません。

初デートこそ、適度な自己主張が大事です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

●第一印象だけで恋愛対象外になってしまう女性の特徴とは?