人は誰でもウソをつくもの。

もし好きな人のウソに気づいても、かわいいウソなら見逃してあげた方がいいこともあるでしょう。

しかし、「これは見過ごせない」というウソもあるはず。

そこで今回は星座から、「男性がウソをついているときのサイン」を占いました。

前編に引き続き、後編ではてんびん座~うお座までのご紹介です。

【後編】星座別で占う!男性が「ウソをついている」ときのサイン

てんびん座(9/23~10/23)の男性は…

てんびん座の男性は、まさに「天性のウソつき」と言っていいでしょう。

人間関係を円滑にするためなら、まったく悪気を感じさせずにさらっとウソをつくことも少なくないようです。

「ウソをついているサイン」もほぼ見せませんが、ウソをついているときは目の奥が笑っていないのだとか……!

さそり座(10/24~11/21)の男性は…

さそり座の男性は持ち前の用心深さゆえ、ウソをつくのはほとんどが「自分を守る」ためなんだとか。

自分の弱点を悟られないよう、ウソをつくときはポーカーフェイスで、動揺を読み取るのは困難かもしれません。

しかし、それがサインでもあります。

いつもよりも「余計なことを話さない」ようにしているときは、ウソをついている可能性が高いです。

いて座(11/22~12/21)の男性は…

欲望に忠実な傾向が強い、いて座の男性。

ウソをつくのも、欲望を満たすための手段のひとつとして考えている節があるようです。

しかも、「ウソをつくことの何が悪いの?」という意識もあるようで、とっても自然にウソをつきます。

ウソのサインを見つけるのは難しいですが、ノリだけで適当なことを言っているときはどうしても話に矛盾が生じるもの。

その矛盾を見逃さないことが大切です。

やぎ座(12/22~1/19)の男性は…

やぎ座(12/22~1/19)の男性は…

計画的なやぎ座の男性は、ウソをつくときも用意周到。

徹底して準備しているので、言われた方は気づかないことも多いようです。

話している最中に「この話はもうおしまい」と強制終了しようとしたり、話を逸らしたりする場合は、嘘をついているサインなのかも。

みずがめ座(1/20~2/18)の男性は…

言いたいことを自由に話すタイプが多い、みずがめ座の男性。

思ったことが口に出るため、ウソをつくのはあまり得意ではないようです。

ウソをついているときのサインとしては、話しながらスマホをいじったり、時間を気にしたりと、落ち着きのない様子をみせることもあるようですよ。

うお座(2/19~3/20)の男性は…

まるで子供のように無邪気なウソをつく傾向にある、うお座の男性。

とくに、嫌われるのが怖いとか、怒られるのがわかっているときなどに、「その場しのぎ」のウソをつきがちです。

しかもそのウソのほとんどは、「いや、明らかにウソでしょ?」とわかりやすいもの。ウソのサインもなにも、すぐにバレるものばかりなようです。

本人は必死なのですが、顔にも出やすいようです。

ウソのサインを見逃さないで

ちょっとしたウソが、どんどん大きくなって取り返しのつかないことになることもあります。

このウソだけは見過ごせない!というときは、落ち着いて話し合ってくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)