「俺たちさ、別れない?」

昨日までラブラブだったのに、いきなりこんなことを言われたらショックだし混乱しますよね。

こんなとき、男性はなにを考えているのでしょうか?

そこで今回は、急に「別れ」を切り出す男性心理をご紹介します。

私なにかした?急に「別れ」を切り出す男性心理

あなたのことを試している

今の恋愛に不安を抱えていて、「彼女が本当に自分を好きなのか」を確かめたいと思っているケースです。

少し面倒ですね……。

自分ばかりが彼女のことを愛していてつらいから、「俺のことを本気で愛してくれないなら、別れよう」とついそんなことを口走ってしまうよう。

彼は自信をなくしているだけですから、あなたがしっかり愛情表示をすれば、良い方向に向かうと思いますよ。

最初から遊びのつもりだった

これはかなりつらいパターンです。

まだ1~2カ月しか付き合っていないのに、男性が突然「別れよう」と言い出すのは、最初から遊びの恋だった場合が多いもの。

最初から身体目当てで、「もう関係を持ったしそろそろ潮時かな」と思うのだとか。

別れるきっかけをいつも探しているからこそ、突然の別れになるのでしょう。

「もっとちゃんと会って欲しいな」「私たちってつきあってるんだよね」と女性が詰め寄ったときに、そうなることが多いようです。

待ってましたとばかりに、「ごめん、キミを幸せにできそうもない」と別れを切り出すのが常套句。

かなり傷付きますが、このようなダメ男と早いうちに縁が切れて良かったと思うようにしましょう。

彼にすがってしまわないようにしてくださいね。

ケンカばかりで疲れた

ケンカばかりで疲れた

「会うとケンカばっかりでもうウンザリ、このまま気が休まらないつきあいを続けるぐらいだったら、もうやめにしよう」

……このような場合に別れを切り出します。

あなたのなかでは仲直りしたつもりかもしれませんが、彼にとっては不満がたまっていた……ということも。

駆け引きなしのギブアップ宣言としての「もう、別れよう、俺たち」です。

このような場合は下手に問い詰めるよりも、彼の意志をくみ取って距離を置くのが賢明かもしれません。

お互い我慢の限界がこないように、普段から話し合いの機会はつくっておきましょう。

「別れたい」にはさまざまな理由がある

男性がいきなり別れを切り出すときは、いろいろな理由があることがわかりました。

人の気持ちは移ろいやすいもの。

大好きな彼氏と長く付き合っていきたいものですが、別れ話をされたらスパッと切り替えるのも1つの手ですよ。

男性はたくさんいますからね!

(愛カツ編集部)