気になる男性とのやり取りがスッと途絶えてしまうと、「嫌われたかも」なんて不安になる人がいるかもしれません。

ですが男性はもともと、女性ほど頻繁に連絡を取らない傾向にあります。嫌いになったとか飽きたとか、別にそういうわけではないのです。

なので久しぶりに彼からLINEがきたとしても、身構えなくて大丈夫。

「気になる男性から久しぶりにLINEがきたときの、ベストな対応」を参考に、ふたりの関係を一歩前進させましょう。

気になる男性から久しぶりにLINEがきたときの、ベストな対応って?

頼ってみる

「心細いから」「応援してもらいたいから」など、相手に頼るような内容もおすすめです。

たとえば、何かの試験を控えていて緊張しているや、最近ストレスが溜まっているから愚痴を聞いてほしいなど。あなたの気持ちを伝えてみましょう。

ただ伝え方を間違えると、「都合のいいときだけ連絡をしてくる」と思われてしまう可能性も。

軽い言い方ではなく、本当に心から話を聞いてもらいたいという気持ちを伝えてみてくださいね。

「話したい」という気持ちを素直に伝える

男性は女性の気持ちを察したり、言葉の裏を読んだりするのが苦手な傾向があります。

たとえば1ヵ月ぶりのLINEでも、「どういう意味なんだろう?」と相手を考えさせないで、素直に「話したい」という気持ちを伝えましょう。

「忙しくて」や、「ちょっと嫌なことがあって」などの理由も必要ありません。

ただ素直に「お話ししたいんだけど、いいかな?」でOK。そのほうが彼もよろこんでくれますし、もっとあなたに会いたくなるはずです。

「連絡待ってたよ」と言ってみる

「連絡待ってたよ」と言ってみる

「LINEが来るのをずっと待っていたよ!」「我慢できなくって、こっちから送っちゃった!」と女性から言われたら、男性はうれしくなるものです。

連絡したいのにしなかった理由が「とくに用はなかったから」だとすると、男性がちょっと落ち込んでしまうかもしれません。

でも付き合いが長くなればなるほど、まめに連絡をしたがる男性は少ないのでご安心を。

用はなくても「あなたの声が聞きたい」と素直に伝えたり、「写真送ってよ~!」とリクエストしたりするのもあり。「あなたからのLINEだからうれしいんだよ!」という気持ちを伝えてみてくださいね。

以前と変わらないやり取りをする

久しぶりだとしても以前とまったく変わらない態度でLINEをするのもありです。

「久しぶり」や「最近連絡取ってなかったね」などの言葉がなくてもいままでどおり会話ができれば、「連絡を取らなくても平気」という男性も少なくありません。

ただ彼との仲を進展させたいなら、「今度〇〇行こうよ」とどこかに誘ってみることも大切です。

そうすればふたりの親密度もアップしやすいので、男性も安心してあなたと仲良くなれるでしょう。

上手に言葉を選べば男性もよろこんでくれる

男性は連絡頻度よりも、女性との会話の内容に好意を感じやすいです。

自分を頼ってくれている、知ろうとしてくれているなどのLINEがくると、しょっちゅう連絡を取っていなくても男性に恋の進展を期待させるでしょう。

上手に言葉を選べば男性もよろこんでくれますし、ふたりの親密度もアップします。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)