恋愛経験には個人差があります。

「彼氏いない歴=年齢」がコンプレックスなんて人もいるかもしれません。

でも、奥手だからこそ出せる癒しの雰囲気を好む男子も多いものです。

そこで今回は、奥手女子ならではの「キュンポイント」を男子たちにリサーチしてみました。

男子に聞いた!奥手女子のここに「キュン」としちゃいました…

不器用ながらもがんばる姿にキュン!

「俺が初カレの彼女は、普段完全に受け身で、正直物足りなさを感じることもあったんです。

でも俺の誕生日に、手作りケーキと財布をプレゼントしてくれて感動!
遅くまでケーキを作る姿とか、店員さんと相談して選ぶ彼女を想像したら、もう愛おしくてたまらなくなりました」(26歳/IT)

基本受け身な女子も、誕生日や記念日などは少し頑張ってみるのもアリ。

普段とのギャップで、彼もよりうれしくなること間違いなしです。

「あの恥ずかしがり屋の彼女が、俺のためにここまで……」と喜ぶ彼の顔が見れちゃうかも。

純粋なリアクションにキュン!

「デートに誘ったときの恥ずかしそうな顔がかわいい。
当日も『おいしい!』『こんなの食べたことない!』と無邪気に喜んでくれたし。

それに、俺が奢ったら何度も『私も払う!』って言ってくれてビックリした。
財布すら出さない子も多かったので、けっこう新鮮でしたね」(33歳/商社)

恋愛経験豊富な女子は、話もスムーズである意味ラクですが、ほかの男の影がチラつくのも事実。

「この子慣れているな~」とちょっぴりテンションが下がる男子も少なくないとか。

一方で、不慣れながらも喜びや恥ずかしさを全面に出してもらえると、その純粋さにときめいちゃうよう。

これは経験豊富な女子がテクとして使うとあざとくなりがちなので、まさに奥手女子ならではのポイントです!

たまに見せる笑顔にキュン!

たまに見せる笑顔にキュン!

「奥手な子ってあまり笑ってくれないことが多い。
だからこそ、ふとしたときに笑顔が見られると、ドキッとするしうれしくなる。どうやったらまたその子を笑わせられるのか考えちゃいます」(28歳/広告)

常に笑顔の女子は愛嬌があってモテますが、そのぶん特別感は減るもの。

場合によっては「ほかの男にもそうやっているのかな」と嫉妬する男子も少なくありません。

一方で普段笑わない子の笑顔って、かなりレアですよね。

男性からすると、「自分が彼女を笑わせたという満足感も得られますし、なにより笑顔がかわいすぎてときめくようです。

一生懸命さこそが究極のモテテク!

恋愛偏差値が高い女子のほうがモテると考える人もいるでしょう。

でも、ありのままの純粋な姿も男子にとっては魅力的なもの。

奥手女子だからこそ発揮できる「キュンポイント」を生かして恋愛をしてみましょう。

等身大の自分でアタックすることが、恋愛成就への近道なのかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)