血液型や生まれ順で見ると相性が悪いはずなのに、何だか彼とウマが合うと感じることはありませんか。

それはもしかしたら、「生まれた月」に関係があるのかもしれません。

今回はあなたと彼が生まれた月から、「恋の相性最高なカップル」を占いました。ランキング形式で10位からご紹介します!

ふたりが生まれた月で分かる!「恋の相性最高」なカップルTOP10

10位…8月生まれの女性×12月生まれの男性

8月生まれの女性は、気になる相手に対して何かと世話をやきがち。

12月生まれの男性の楽天的でいい加減な部分が目につきやすく、たしなめることが多いかもしれません。

この生まれ月の男性はそれに対してイジワルに返すこともありますが、本当はうれしく思っているよう。

そのため内心、いつもドキドキしている間柄だったりするのです。

9位…5月生まれの女性×9月生まれの男性

2人はどちらも受け身なところがありますが、お互いの価値観がピッタリ一致する傾向にあります。

そのため、まったく波風の立たない相性だと言えるでしょう。

ただどちらも相手をリードするのが不得意なところが。そのため恋に時間がかかりやすいという点と、堅実すぎて刺激がない点を少し難点と思うことがあります。

しかしマンネリさえ乗り越えられれば、いっしょに笑顔でいられるでしょう。

8位…10月生まれの女性×6月生まれの男性

10月生まれの女性は芸術家の素質があり、6月生まれの男性は繊細なところがあるので、お互い感性が共鳴し合うでしょう。

言いたいことを何となく理解してくれる相手に、居心地のよさを感じるはず。

また芸術的なセンスや価値観も近いので、趣味を通して恋に落ちる可能性も高いと言えます。

7位…1月生まれの女性×2月生まれの男性

1月生まれの女性は、何でもざっくばらんに話をしてくれる2月生まれの男性と好相性。

この2人が恋をすると、いつもの自分と違ったもうひとつの性格が出てくるようです。

世間的には周囲の人たちの期待に答えようとする、優等生に見られがちな1月生まれの女性。

ですが本当に好きになった彼には本音を語れるため、さらに愛され運がアップすることでしょう。

6位…4月生まれの女性×8月生まれの男性

4月生まれの女性は、恋多きところがあるでしょう。

とくにスポーツマンタイプの素質を持つ、8月生まれの男性にトキメキを感じるみたい。

恋愛をしていると自分がイキイキするのを実感できるはず。

そのため、つねに恋をしているようなところがあるかも。

5位…3月生まれの女性×4月生まれの男性

3月生まれの女性は頑張り屋で、4月生まれの男性はヤル気あふれる熱血漢。

2人の恋に障害がおとずれても、くじけずにいつも通りの姿勢を保つでしょう。

もし相手とこじれたとしても、それはお互いの魅力を引き出すよい機会。

勇気を出して対話することで、相手の新たな一面を発見することができるでしょう。

4位…6月生まれの女性×5月生まれの男性

6月生まれの女性はいつも前向きで積極的な反面、落ちこむとかなりブルーになるところが。

そんなときに自分の気持ちを理解してくれる、おだやかで配慮のできる5月生まれの男性がいてくれると、とても癒やされるようです。

恋のはじまりは一見地味ですが、付き合いが進むごとに恋が燃えあがるでしょう。

3位…12月生まれの女性×10月生まれの男性

3位…12月生まれの女性×10月生まれの男性

12月生まれの女性は、恋愛において小細工なしのストレート勝負を好むところがあります。

そして10月生まれの男性は、クールに見えて暖かい心の持ち主です。

女性側からの積極的な姿勢をみせることで、いつも関係はアツアツ。

彼の反応は一見うすいのですが、じつはベタ惚れでしょう。

2位…7月生まれの女性×11月生まれの男性

7月生まれの女性は、恋愛において尽くす傾向が非常に強いところがあります。

かしこくて努力家の11月生まれの男性には、とことんついていってしてしまうところも。

自分の意見を強く主張したり、彼の意見に反対することは滅多にないでしょう。

つねに彼のことを第一に考え、相手に必要とされることを喜びとしているはず。

彼もそんなあなたを、手放そうとは考えないでしょう。

相性はバッチリなので、バランスさえ大切にすれば何の問題もありません。

1位…2月生まれの女性×3月生まれの男性

2月生まれの女性は、3月生まれの男性にとって「かわいらしい存在」。

この生まれの女性は、恋愛面ではとくに甘え上手な性質が前面に出てくるでしょう。

そのため父性本能の強い彼に何かたのまれると、断りきれないこともあるかもしれません。

しかし愛するよりも愛されたいという気持ちがある2月生まれの女性を、いつも温かく包んでくれるのが彼。まさに凹凸がハマる相性です。

2人の持ち味を活かして

生まれ月から性格が決まってくるという理論は、日本においては季節や環境要因によって性格が形成されるというところに根拠があるようです。

たとえば4月生まれの人は、新年度のバタバタした環境下で生まれたため、適応力が高く経営者にもっともなりやすいとされます。

また6月生まれの人は、梅雨のあいだ家庭で家族との会話が増えるため、コミュニケーション能力に優れるとされているのです。

それぞれの持ち味を活かした上で、素敵な人間関係を構築できたらよいでしょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●ふたりの血液型でも分かる!将来結婚するかもしれないカップルTOP3