男性が「守ってあげたい」と思うのは、その女性のことが愛おしいからでしょう。

「あぁ、この子のこと守ってあげたい」と男性が自然に思ってしまうのはどんな女性?

今回は、そんな女性がよく使う、男性の「守ってあげたい欲」を刺激するフレーズを3つ、ご紹介します。

男性が守りたくなる!「愛されフレーズ」とは?

「大丈夫だから!」

「毎日ひとりで頑張って残業している後輩に『手伝おうか?』と聞くと、『いえ、大丈夫です!』って答えるんです。

頑張る姿になんだかキュンとして『いいから任せて』と手伝いました。それから、ことあるごとに彼女をサポートしてしまいます」(27歳/メーカー勤務)

こちらは少し意外な意見かもしれません。

男性は、いわゆる「弱い女性」よりも「ひとりで頑張っている女性」を守ってあげたくなるようです。

不器用ながらもひとりで頑張る姿が、男性の心を揺さぶるのでしょう。

気になる彼が守りたくなるのは、あなたが人知れず努力している健気な姿かもしれません。

「幸せだよ」

「彼女は、いつも僕にとびきりの笑顔で『幸せだよ』『うれしいよ』って言ってくれるんです。
そんな満足そうな顔を見たら、ますます彼女を守って幸せにしてあげないとなって思うんです」(32歳/自動車メーカー勤務)

「つらい」「寂しい」とかまってほしいアピールをするよりも、「あなたに会えて幸せだ」「あなたがこんなことしてくれてうれしい」と伝えるほうが効果的なよう。

自分のおかげで彼女が幸せを感じていることに感激し、ますますあなたを幸せにするために、ずっと守っていきたい!と思うことでしょう。

まっすぐな気持ちが一番

「俺がいないと……」と思わせるため、か弱いアピールをしてしまいがちですが、意外にも男性は、前向きな女性の健気な姿にこそ「守ってあげたい」と思うようです。

しかしながら、今回紹介したフレーズは、狙って使うとかえってあざとさを生んでしまい、逆効果になりかねません。

守られ上手になるためには、日々、ポジティブに彼と向き合うことがポイントです!

(愛カツ編集部)