交際が長く続くカップルは、お互いの距離のとり方が絶妙です。

たとえば会う頻度や連絡頻度など……。

今回は、長続きするカップルの絶妙な「距離感」をご紹介します。

連絡はあまりしない?長続きするカップルの「距離感」とは

自分だけの時間を大切にする

一般的に男性は女性よりも自分の時間や友人を大切にする傾向があります。

男性同士の付き合いが楽しいだけでなく、仕事での情報交換や人脈につながるケースがあるからです。

そのため、休日すべてを彼女とのデートで埋めてしまうことは少ないよう。

逆に、女性は休日はすべて彼のために使いたいと思っている人も多く、男女のすれ違いの原因にもなるケースも。

彼と過ごせない休日は、1人で悶々と思い悩んで過ごすのではなく、自分自身のために使ってしまいましょう。

女友達とショッピングを楽しんだり、趣味や習い事、エステといった自分磨きをするのもおすすめです。

あなたが生き生きと輝いていれば、両思いになったあとでもずっと、彼はあなたに新鮮な魅力を感じることでしょう。

互いの「心地よい距離感」がわかる

付き合い始めはしょっちゅうメールやLINEで連絡を取り合ったり、休みの度にデートを重ねるのが楽しいですよね。

しかし、付き合いが長くなるにつれて恋人とべったりする生活が重く感じてしまうもの。

カップルによって心地よいと感じる距離は違いますが、お互いに心地よい距離感を知っておくことが長続きするコツといえます。

どちらか一方がつねに相手に合わせているようなカップルは、次第に窮屈に感じたり不満を爆発させてしまうことになりかねません。

恋愛の早い段階から、お互いの休日の過ごし方などの心地良い距離感を知ることは、とても大切です。

返信頻度にこだわらない

返信頻度にこだわらない

連絡をとりあう手段としてとても便利なメールやLINEですが、これも男女のすれ違いの原因の1つとなっていることがあります。

とくに、彼からの返信が少ないことで「自分はもしかして愛されていないかも」と不安になる女性が多いのですが、1回1回の返信頻度を気にするのはやめておきましょう。

返信だけで愛情を測るのは得策ではありません。

また、長文のメールが得意な男性もいますが、一般的に男性は女性に比べて言葉で表現することが苦手といわれています。

返信の言葉が短くビジネスライクに感じられても、それがいつもの彼のスタイルならば、よしと受け止めましょう。

返信頻度や内容にこだわりすぎないのも、両思いが長続きする秘訣です。

お互いを信頼し合うことが大切

ほどよい距離感はカップルによってそれぞれですが、お互いに一緒にいて「心地よい」と感じられる相手とは長続きするといえそうです。

長く付き合いたい彼だからこそ、程よい距離感を大切にしたいもの。

連絡を頻繁に取り合わなくても、お互いに信頼ができるような関係を構築していきましょう。

(愛カツ編集部)