男性のなかには、女性との会話を苦手としている人もいるようです。

その理由は、「つまらない」から。

なぜそう感じてしまうのでしょうか。

今回は、男性が嫌う「女性特有の話題」の代表的な例を3つご紹介します。

全然つまらない…男性が嫌いな「女性特有の話題」3つ

話題がよく飛ぶ

男性がよく困惑してしまうのは、話題があっちこっちに飛ぶこと。

「あれ?今この話してるんじゃないの?」と、あまりの話の飛び方にビックリしてしまうのですね。

女性の話にうまくついていけなくて「ねえ、聞いてる?」なんて言われてしまうと、男性はさらにビックリ。

「話題が飛び過ぎて話が見えないんだよ!」と、つい突っ込みたくなってしまうかも。

また、もう話が終わったはずなのに「さっきの話に戻るんだけど……」と、また元の話題に戻るのも男性はうんざり。

話が行ったり来たりすることや、まったく関係のない話題にいきなりうつる、それにうまくついていかないと怒り出してしまうのは、男性から「勝手だな~」と思われてしまうようですよ。

「オチ」がない

女性の話には「オチ」がないということが多いですよね。

女性は、中身がない話でもただ話して交流を深められますが、男性からしたら「え?それで?」と聞き返したくなってしまいます。

男性同士の会話だと、他愛のない会話のなかにもオチがあることがほとんどなので、女性のオチのない会話はどうリアクションをとればいいのかわからず苦手と感じるのかもしれませんね。

男性と会話するときには、できるだけ中身のある話をするように心がけることをオススメいたします。

ただ聞いて欲しいだけの話題は同姓に聞いてもらう、具体的な結論を出したい場合には男性に聞いてもらうなど、話す内容によって相手を変えるようにしましょう。

悪口を言う

悪口を言う

男性が最も苦手とする話題、それは「他人の悪口」です。

女性は、今一緒にいた人がいなくなった途端その人の悪口大会がはじまるなど、思わず目や耳を疑ってしまうような行動に出ることがありますよね。

愚痴として「聞いて欲しい」という気持ちからはじまったひと言が、後に特定の人を的にして悪口を言い合う集団となってしまうこともあるのです。

そんな女性達の会話を聞けば、腹黒いと、感じてしまう男性がいても仕方ありませんよね。

仲良いフリして陰で悪口を言うのは、男性に引かれるだけではなくその人間性も疑われてしまうため、本当に聞いて欲しい話だけを愚痴として仲の良い人に聞いてもらうのが良いですね。

「そんなにイヤならつるまなければいいじゃん」と、言われてしまう頃には、もうすでにその男性から距離を置かれているということ。

「一度出た言葉はもうなかったことにはできない」ということを肝に銘じておきましょう。

相手も楽しくなる会話を心がけて

男性は、女性特有の話が始まると自然と引き下がりたくなる傾向にあります。

「余計なこと言ってバッシングを受けるぐらいなら、そっと話を聞いていよう」と、聞き手に回ってしまうのですね。

男性と会話を楽しむためには、対等に話をしてくれるような話し方をしたほうがよさそうです。

ひとりよがりな話し方を続けていれば、男性に敬遠されてしまうのも時間の問題ですよ。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)