相手が既婚者とわかっていながらも恋をしている、もしくは、付き合っている人もいると思います。

中にはその恋を「純愛」という人もいますが……それは勘違いかもしれません。

不倫をしても、いいことはありません。

そこで今回は、既婚者と付き合ってもいいことがない理由をご紹介します。

いいことなし!既婚者と付き合うのが無駄な理由

社会的信用を失う可能性

不倫は社会的に認められていません。

不倫のせいであなたが社会的信用を失い、職を失う可能性もあるのです。

筆者の知人女性のケースでは、社内不倫をしたことが会社にバレ、相手の男性に「この女が言い寄ってきたんだ!」と悪者にされたそう。

彼は異動し、その女性は居場所がなくなり会社を辞めざるをえなくなったそうです。

そう、不倫がバレたことで信用を失い、今まで「愛している」と言っていた男性にも裏切られる結果となったのです。

そもそも奥さんがいるのに他の女性に手を出す、誠実性に欠ける男性です。裏切られても不思議ではないでしょう。

クリスマス・年末年始が寂しい

クリスマスや年末年始などをはじめとして、イベントの際には寂しい思いをする可能性が高いです。

クリスマスは24、25日のどちらか1日は彼と一緒に過ごせるかもしれませんが、年末年始は既婚者の彼は、高確率で家族と過ごします。

あなたも実家に帰省し、家族と過ごせるのなら寂しさもあまりないかもしれませんが、帰省せず、ひとりぼっちで過ごすというのは、なかなか寂しいものです。

慰謝料を請求される可能性も

不倫の代償といったら慰謝料。

請求されない場合もありますが、もちろん請求されることもあります。

数百万円の慰謝料、払えますか?既婚者の彼との恋に、果たして数百万円の価値はあるでしょうか?

『どうせバレない』と思っていても、ある日突然請求されるケースも珍しくはありません。

奥さんが旦那さんの不倫に気づかないワケないですよね。

探偵を雇って調べられた場合、その分のお金も上乗せで請求してくる可能性もありますよ。

略奪婚をしても、また不倫の不安が

もし仮に、略奪婚できたとしても、「また不倫するんじゃ……」と不安が付きまとうことになります。

もし結婚できたとしても、当初は「やっと一緒になれた!」と喜びが強く、心配もないかもしれません。しかし、関係が安定した頃に急に不安になるでしょう。

不倫をする人は、誰と結婚したとしてもチャンスがあれば不倫するかもしれません。

誠実な人は、そもそも不倫をしないのです。誰かと恋に落ちるにしても、きっちり奥さんと別れてから関係をスタートさせるもの。

「奥さんはいるけど、他の子とイチャイチャしたい」なんて、ズルいことはしないものですよ。

本当に彼は魅力的?

本当に魅力的な男性は、不倫をするでしょうか。

「いや、彼は素敵で誠実!」と思っているとしたら、冷静になってみましょう。

それは今、盲目になっているだけ、なのかもしれません……。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)