気になる男性との距離を縮めるとき、LINEでアプローチすることは欠かせません。

積極的にLINEを送りたくなるものですが、いったん待って。わきまえずに自分の送りたいように送りすぎてしまうと、あなたのLINEが彼から「ウザい」と思われてしまうこともあるのです。

今回紹介する「男性にLINEを送るときの注意点」を参考に、彼とのLINEの時間をぜひ楽しんでください。

ウザいと思われちゃう…?男性にLINEを送るときの注意点3つ

聞かれてないことまで、アピールしない

「『私って意外と料理できるんだよー』とか『私って怖い系苦手だからー』とか、別に何も言ってないのに、自分のことばかり話してくる子はうざいなーと思います。

そういうのは付き合ってから段々知っていくのが楽しいもので、自分からあれこれ言うもんでもないと思うんですよね。自分アピールをされると逆にその子に興味が無くなってしまいますね。」(29歳/飲食店)

彼との距離を縮めようという気持ちから、自分のアピールを過剰にしてしまっていませんか。とくに興味のない女性の話ばかりつづくと、彼は萎えてしまうようです。

男性は自分のことを何でも話しすぎない、奥ゆかしい女性に惹かれるという人が多いのかもしれません。

長文を送りすぎない

「毎回長いLINEを送ってくる子は正直面倒。10行とかつづいてるLINEが来ると、それだけでどんよりした気分になるよね。しかも内容がどうでもいいことばかりだったりすると、返信する気も起きないし、そのまま放置しちゃうことが多いかな。かといって重い内容を長々とLINEでされても嫌だけどね」(30歳/美容院)

彼にもっと自分のことを知ってほしいという気持ちや、誤解を生まないようにあれこれ考えると長くなってしまう、という気持ちは分かります。

しかしLINEを受け取る側からすると、長い文章を読むのもそれに対する返信を考えるのもストレスです。

相手の迷惑にならないようにするためには、せいぜい一度に2~4行ぐらいの文字数が無難なのかもしれません。

日常的な内容ばかりを送らない

日常的な内容ばかりを送らない

「『これから出勤だよ~』とか『今日のランチはこれー!』とか『久しぶりに料理したよ~』とか、何のために送ってくるの?いちいち返信するのも面倒だし、なんて返したらいいか分からない。SNSにでも投稿してくれ、って思います。

よっぽど好きな相手だったらかわいいと思うのかも知れないけど、だいたいはうざったくて通知オフにしてしまうと思う」(29歳/自動車ディーラー)

女性からしたら「どんなことでもいいからLINEで繋がっていたい」という気持ちなのかも知れませんが、男性はやり取りに意味を求めることが多いです。

ですので、意味がないと感じたLINEには返信の必要性を感じません。

ランチや料理などの画像を送って「美味しそうー!」「おしゃれー!」なんて返事を期待するのは、男性相手では難しいでしょう。

「LINEがウザい」と思われないように

同性の友達同士なら当たり前になっているようなLINEでも、男性からしてみれば面倒くさいし理解できないと感じるものも多いようです。

気づかないうちに「ウザいLINEを送ってくる女」と思われないよう、気をつけましょう。

(愛カツ編集部)