恋愛を楽しんでいる女性のなかには、彼ではなく「恋」に恋している状態の人もいます。

このまま放っておくと、別れの原因になりかねません。

それはいったい、どんな心理状態なんでしょうか?

誰もが経験あり?「恋」に恋している心理状態とは

彼に尽くしている自分が大好き

恋に恋している典型例として、彼に尽くしている自分が好きな人が挙げられます。

彼のために料理したり、プレゼントをしたりして、彼の喜ぶ顔を見るのが幸せ。

そんなことを思う彼女はとてもかわいらしい存在ですが、その裏には自己満足が隠れているかもしれません。

彼に尽くすだけでなく、SNSにアップしたり、友達にやたら自慢してしまう場合は要注意です。

何かの拍子に彼の欠点を見てしまった時、「どうしてこんな人に尽くしていたのだろう」と、急に我に返ってしまうかもしれません。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない人は、理想を高く掲げてしまいがちです。

少女漫画のような恋を夢見て恋活をしたものの、現実を突きつけられて幻滅した経験はありませんか?

理想と現実は、かけ離れているものです。

少し上手くいかなくても、すぐに後ずさりしてしまってはいけません。

そのままでは、いつまでも「目の前の好きな人」とは結ばれず、「自分の理想の人」を探すループにはまってしまいます。

付き合い始めると冷めてしまう

付き合い始めると冷めてしまう

男性に多いタイプかもしれませんが、女性にもこのような人がいます。

必死にアプローチしてたのに、交際がスタートすると途端に冷めてしまった。

または、お付き合いをつづけることに疲労感を抱き、長続きしないパターンも。

一目惚れをしやすい人や、熱しやすく冷めやすい人は、恋を叶えることよりも、恋の駆け引きを楽しみたいのかもしれません。

「恋に恋する」状態は誰でも経験する

この状態は決して悪いものというわけではありません。

多くの人が経験することであり、本物の恋を見つけるためにステップとも考えられます。

こうして恋の経験値を積んでいって、自分の理想やゴールを目指していきましょう。

(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)