恋人と別れてからある程度の時間が経つと、思い出となって美化されていくなんてことが多いでしょう。

「たしかにケンカは多かったけれど、何だかんだで楽しかったなあ」と懐かしむこともありそうです。

一方でどれだけの時間が経っても、元カノのことが許せない男性もいます。そう思われる女性は、いったい何をしてしまったのでしょうか。

今回は「男性がいまだに許せない元カノの特徴」を紹介していきます。

こんなダメ女にならないで!男性がいまだに許せない元カノの特徴

貸したものを返してくれない

「別れる前に『じゃあ俺の貸したマンガ返して』と言って了解していたのに、結局返してくれなかった……普通に、泥棒だわって思います」(30歳/販売)

小さいことかもしれませんが、やられた側としてはいつまでも覚えているもの。かと言っていまさら「付き合っていた頃に貸した〇〇返してよ」なんて言いづらいですよね。

許せないというか、地味にストレスになってしまうのは分かるような気がします。

別れ際に酷いことを言う

「別れ話中に怒った彼女から、『そんなんだから学歴も仕事も全部中途半端なんだよ!』とブチ切れられた。この光景はいまでもたまに夢に出てきますね」(28歳/営業)

付き合っていれば、いずれは別れがくることもあるでしょう。そのときにお互い話し合いなるべく円満な別れができればよいのですが、ここぞとばかりに暴言を吐く人もいます。

元カノからの最後のひと言がトラウマとなり、いまだに恋愛する気持ちになれない男性もいるようです。

遊び感覚で付き合っていた

遊び感覚で付き合っていた

「俺は本気で彼女のことが好きだから付き合ったのに、向こうはただの遊びだった。本命の男から告白されたら、すぐにそっちに乗り換えてましたよ」(29歳/企画)

「ずっとシングルも寂しいだけだし、とりあえず自分を好きになってくれた男性と付き合ってみようかな」なんて思ったのかもしれません。

でもその打算的な考えが彼にバレてしまうと、愛情は一気に憎しみに変わってしまう恐れがあります。

軽い気持ちで付き合ったとしても、ほかの男性の影は見せずにお別れをするべきでしょう。

さんざん彼氏を振り回したあげく捨てる

「人をアッシーのように扱っておきながら『ほかに好きな人ができたから』とあっさり別れを告げてきた元カノ。やっぱり許せないですね」(31歳/公務員)

わがまま言いたい放題でさんざん人を振り回して、自分は隠れて浮気をしていた。

こんな裏切り行為に傷つき、自信をなくしてしまう男性もいるようです。

彼は自分の奴隷ではないのですから、常日頃から愛情を持って接することが大切でしょう。

別れることがあっても…

お互いが納得できる別れなんてそうそうありませんが、それでも相手を傷つけないように配慮することはできるはず。

彼の歴代最低な元カノにならないよう、別れることがあっても気遣いができる女性になりたいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)