彼に「距離を置きたい」と言われてしまうこともあるでしょう。

はっきりと「他に好きな人が出来たから別れてほしい」と言われるのであれば、あきらめもつきやすいはず。

しかし、「距離を置きたい」など、煮え切らない感じの答えだと、諦めたほうがいいのか、それとも、彼の言う通りにすべきか悩んでしまうでしょう。

今回は、男性が「距離を置きたい」と言うときの本音と、そこからどう対処すれば復活する可能性があるかを紹介します!

別れの危機?!「距離をおきたい!」彼に言われたときの対処法

状況を考え一旦冷静になる

彼との関係修復を望むなら、まずは冷静に対応することが大事になるでしょう。

「うん、わかった。距離を置きたい理由は詳しくわからないけど、○○くんが色々考えての決断だろうしね」と、彼が「距離を置く」と答えを出すまでの苦悩の経緯を、まず理解してあげましょう。

ここからのリカバリーは難しい可能性もありますが、距離を置いたあとに自分から連絡しないことを徹底すれば、もしかすると彼から「元気にしてる?」と連絡がくるかもしれません。

距離を置いたあとに、「やっぱり彼女が必要だ」と思ってくれることもあるでしょう。

必要以上に理由を聞かないこと

彼から「距離をおきたい」と言われたら、正直「なんでそんなことを言うの?」と理由を聞きたくなるはず。

しかし、ここでしつこく食い下がってしまうと、男性はいっきに敬遠する可能性が高くなるでしょう。

理由を問い詰めてしまうと、関係が修復する可能性は、ほぼゼロと考えてもいいかもしれません。

なぜなら、「距離を置きたい」と決めた彼の心は、色々考えた末の結果ともいえるはず。

腹が決まったときに出る言葉だから、簡単に説明できる理由でもないのでしょう。

関係が修復する可能性は低い

関係が復活する可能性は低い

「距離を置きたい」と男性が伝えるとき、彼女との関係が修復する可能性は低いと考えていいでしょう。

「俺と別れて欲しい」と言いたいけど、彼女がショックを受けることを考えて切り出せないようです。

悩んだ末、「別れたい」という考えと、彼女を傷つけたくない表現を考慮した結果「距離を置きたい」という答えになったのでしょう。

距離を置く期間は一時的なモノで、そのうち復縁すると思ってしまいがちですが、実際は、一時的なモノではなく、彼の腹のなかでは「別れ」は決まってることの方が多いよう。

「距離をおきたい」と彼から言われた場合は、別れを覚悟したうえで、今、自分にできる最善の関わり方をしていきましょう。

距離を置く間に新しい恋愛に目を向けよう

距離を置いている期間は、自分から彼に連絡をしてはいけないということは、簡単なようで辛いことでしょう。

彼と会う機会が減ると、心にぽっかりと穴が空いてしまったり、寂しさもひときわ身に染みてくるかもしれません。

なので、彼から来るか来ないかがわからない連絡をひたすら待つより、他に脈のありそうな男性を探す旅に出ることも大事です。

視野を広げてみると、彼よりも素敵な人との出会いがあるかもしれません。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)