控えめでおしとやかな女性って、男性から人気があるイメージですよね。

でも、じつはそういう女性はモテないようです。

モテないどころか、恋愛面においては危険かもしれません。

そこで今回は、控えめな女性がモテない理由をご紹介します。

一歩後ろを歩く女性が、じつはモテない理由とは

控えめな女性はつまらない

控えめな女性がモテないポイントとしては、つまらない、なにを考えているのかわかりにくい所にあります。

たとえばデートでありがちな、「なに食べたい?」「なんでもいいよ~」という会話。

大抵の女性は「じゃあ牛丼でいい?」など提案すれば、「あ~牛丼は違う」などとなにかしら意見が返ってきます。

しかし控えめでおしとやかを極めた女性は、どんな所に連れて行っても嫌と言わないため、男性は本当にここでいいの?本当は嫌だけど隠してない?と、とにかく気を遣うことが多くなるよう。

結局一緒にデートに行きたい相手ではなくなってしまい、なぜかモテない女性に……。

嫌がることは決して悪いことではありません。

むしろ嫌なことを相手に気を遣って我慢する女性の方が、結果的にモテなくなってしまうのです。

意見のない人と思われてしまう

控えめを心掛けた女の末路は、「意見のない人」かも……。

相手に合わせること、相手の希望を尊重することは悪いことではありませんが、どんなときでもそうしてしまうと自分の意思を失ってしまいます。

それこそ「ご飯どこ行きたい?」くらいなら、自分はこうしたい!という強い意思は無くても良いかもしれません。

でも、とことん自分のわがままは控えて、相手を立てて……としすぎると、やがて自分の人生を自分でコントロールできなくなる危険があります。

なんとなく入った職場で働いて、なんとなく出会った男性と付き合って、なんとなく結婚して、ふとしたときに「あれ、自分の人生ってこれでよかったんだっけ?」って後悔することになりかねません。

都合の良い女と思われてしまう

都合の良い女と思われてしまう

控えめで嫌と言わない女の末路は、「都合のいい女」ということも。

控えめで嫌がったり文句を言ったりしない女性は、女性関係にだらしない男にとって浮気相手に最適です。

せっかくお付き合いをはじめたのに、じつは自分が2番目だった、相手は付き合っていると思っていなかった……なんて結末は避けたいですよね。

相手にとって面倒な存在になりたくない、という気持ちは誰しもが持っているとは思います。

しかし、面倒をかけないようにと気を遣いすぎると、自分のランクを下げてしまうキケンもあります。

多少のワガママも言い合えるくらい信頼関係を築いて、互いが互いの1番であるようにしましょう。

嫌なことはきちんと伝えて

ワガママで面倒な女性になりたくない、控えめな女性の方がモテそうだし、と思ってるアナタ。

控えめになりすぎると「考えが見えなくてつまらない」「都合のいい」「意思のない」女性になってしまいます。

思い通りになる女性になるのではなく、互いに幸せになれるような女性を目指しましょう!

(愛カツ編集部)