彼氏との付き合いが長くなると、マンネリ化してしまうこともありますよね。

でも、相手を思う気持ちを忘れないカップルはいつまでも仲良くできているようです。

そこで今回は、男性が今の彼女と「付き合ってよかった」と感じた瞬間をご紹介します。

君しかいない!男性が今の彼女と「付き合ってよかった」と感じた瞬間

お互いに尊重しあえる

お互いの事を大切に思い合う関係は、短い期間で作り上げるのは難しいですよね。

お互いを尊重し合う関係は固い絆で結ばれていますから、男性的には「これからもずっと一緒にいたい」と強く感じる理由の一つなようです。

今の時代、男性が抱えている不安として経済的な不安があげられます。

仕事で忙しい彼から連絡が無いのは寂しいですが、ここで「なんで連絡をくれないの?」などと連絡してしまうと相手を疲れさせてしまう原因にも。

そんなときは寂しい気持ちを堪えて、相手に対して「いつもお仕事お疲れ様」とねぎらう言葉をかけてあげるだけでも相手を尊重し、支えてあげる存在になれるのです。

また、忙しいときに自分を理解してもらえると「支えられている」と男性も感じる事ができるのだそう。

我慢のしすぎも禁物ですが、相手の気持ちを汲み取って行動すると良い関係が続いていくと言えるでしょう。

自分のことを理解してくれる

相手を理解するというのは、なかなか難しい事ですよね。

なぜならお互いが違う環境で生きてきてそれぞれの考えがありますから、衝突する事ももちろんあるでしょう。

しかしそのなかでも、相手の気持ちを理解してくれる女性に男性は「安心感」を感じるのです。

具体的な例で言えば、彼が頑張っているときに「頑張っているね」と認めてあげたり、なにか達成できたときには「すごい!」と一緒に喜び褒めてあげたりすると、男性は「この人は自分を理解してくれている」と感じるのだそう。

自分を理解してくれると感じると、自然とそこに生まれるのは「信頼感」ですよね。

そんな信頼できる女性を、男性が手放そうとは思いません。

相手のすべてを理解するのは難しいことですから、まずは一つずつ理解してあげるのが良いでしょう。

包容力がある

男性が女性に自然に求めているのが「包容力」です。

そこには相手を思いやる優しい気持ちも含まれています。

気遣いができる人とは、その場面に応じて相手のことを考えて行動するのです。

また周りを自然と観察していますから、相手がなにをして欲しいのかを理解して行動に移します。

しかし相手がどこまで助言して欲しいかはその人によりますから、日頃から相手の仕草などを注意して見てあげると良いでしょう。

ここで一つ注意しなければならないのが「相手に見返りを求める」ことです。

どうしても自分が相手になにかをすると、自分もなにかを得たいと考えてしまうのが普通ですよね。

しかし、見返りを求められていると相手が感じてしまうと、それはただの善意の押し付けになってしまいます。

そのようなことが無いように注意しましょうね。

彼を支えられることが大切

男性がずっと一緒にいたいと感じる女性というのは、自分を理解し励ましてくれる、相手を支えられる人だとわかりました。

ぜひ、今後のお付き合いの参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)