好きな男性をデートに誘うのは、恋愛の最初の難関ともいえます。

「気合いを入れすぎて、相手に引かれてしまわないかな……」と不安になる人も多いかもしれません。

しかし会話の流れのなかでナチュラルに誘うようにすれば、何も心配することはありませんよ。

今回は、男性が喜んでくれるデートの誘い方をチェックしていきましょう。

思わずOKしたくなる!男性が喜ぶ「デートの誘い方」

「デートしようよ!」

「デート」という単語で緊張してしまう人も多いですが、それは男性も同じ。

逆に言えば、あえて「デート」という言葉を使い、自分を異性として印象付けることもできるのです。

「今度デートしようよ!」など、冗談めかしてデートという単語を使うだけでも、付き合っているかのような雰囲気になっていくかもしれません。

すると彼も「この子と一緒にいると楽しいな」とか「付き合ってみたら楽しいかも」と勝手に妄想してくれる可能性も。

あとは少し焦らして彼の様子を見てもいいですし、次のデートの約束をして着実に距離をつめてもいいでしょう。

「おいしいレストランに詳しそうだよね」

プライドが高そうなインテリ系男子には、褒め言葉をまじえて誘うのが正解です。

「おいしいレストランに詳しそう」など、彼を持ち上げながら「一緒にいきたい」と言うだけでOKです。

攻略が難しそうな彼ほど、褒められたことが嬉しくてデートを提案してくれるかもしれません。

もし「詳しくないよ」と言われても「博識そうだから知ってるかと思った!何か詳しいものはある?」などと会話から彼の得意ジャンルを探ればいいのです。

会話のなかで相手を褒めているので、彼も他のことを聞かれても悪い気はしないでしょう。

「○日は空いてる?」

好きな男性を「これからデートに誘う」と決心すると、どうしてもドキドキしてしまうもの。

そんなときは、会話の流れで「○日は空いてる?」などとカジュアルに誘いましょう。

二人きりを意識しなくても、友だちを誘うようにフランクに言うことを意識すれば、心理的なハードルも下がるはず。

彼に「他に誰か呼ぶ?」と言われたら「二人じゃだめ?」とかわいらしく聞いてみましょう。

彼はそれで「デートなんだ」ということに自然に気づいてくれますよ。

「ここに行きたいんだけど、空いてる日ある?」

奥手そうな彼には、自分からここ、というデート先を提案するのがひとつの手。

「なんで俺なの?」と聞かれたら「ひみつ!」と元気よく答えましょう。

もしたじろいでいたら、そのまま話を進めてしまって大丈夫です。

「ここ新しくオープンしたから行きたいな」など具体的なデートプランを提案すれば、彼も次第にペースに巻き込まれていきます。

日時を一通り決め終わったら「じゃあ、おしゃれしていくね!」など、そっと異性として意識していることを伝えられるといいですね。

そんな天真爛漫なあなたの姿を見せれば、彼もあなたを意識してくれるはずですよ!

デートの誘い方で彼を喜ばせよう

デートに誘われるというのは、多くの男性のなかから自分が選ばれたという優越感もありますし、何より「親密になりたい」と思ってくれたという事実がうれしいはず。

デートの誘い方ひとつでも、男性もあなたを意識してくれるでしょう。

恥ずかしがらずにはじめの一歩を出してみてくださいね。

(東城ゆず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)