いいなと思う男性が現れたとき、どんなふうにアプローチしていますか?

自分なりに勇気を出して積極的になっているつもりなのにうまくいかない場合、ちょっとやり方に問題があるかもしれません。

今回は、NGなアプローチの1つとして「男性が恐怖を感じる、女性からのアプローチ方法」をまとめてみました。

あてはまる人は、軌道修正をしてみてくださいね。

男性が恐怖を感じる…「やりすぎアプローチ」って?

毎日LINEを送る

「仕事の付き合いでLINE交換した女性がいたんですけど、その日から毎日LINEが来たときはさすがに怖かった。
好意があるのは伝わってきたんですけど、勢いがすごすぎて受け止められなかった」(26歳男性/建築)

意中の彼の連絡先がわかったからといって、毎日連絡していませんか?

自分から連絡する積極性はすばらしいですが、まだ関係ができあがっていないうちから頻繁に連絡しすぎると、相手は引いてしまうかもしれません。

恋愛では、ある程度「間」を取ることも必要。

毎日連絡したい!と思っても、あえて連絡しない日を作ってみましょう。

つかず離れずのいい距離感で、ちょっとずつアプローチしてみてくださいね。

彼の目をずっと見つめる

「対面で話をするとき、ずーっと目を見つめられて話されると怖い。気まずいしストーカーに狙われているみたいで、そういう子とは恋愛できないなって思います」(21歳男性/学生)

人と人が会話をするとき、目をずっと見つめて話すのはちょっと不自然です。

アイコンタクトは大事とはいえ、目をそらしても見つめてこられると恐怖感を抱いてしまう男性は少なくありません。

彼と話すときは、ずっと見つめていたい気持ちをグッとこらえて、彼が目を見てくれるのを待ってみましょう。

恋愛は、ちょっと控えめな表現がちょうどいいときもあるもの。

控えめに見つめられると、彼もキュンとしてくれるかもしれません♡

一方的にプレゼントを贈る

一方的にプレゼントをくれる

「ワインが好きって言ったら、会うたびにワインをプレゼントしてくる子がいて。安いものでもないし、付き合っているわけでもないのに、正直怖かったです。
こちらの気を引きたいのは痛いほど伝わってきたんだけど……ちょっと違うって思っちゃいました」(25歳男性/営業)

彼の気を引きたいがために、プレゼントを贈るという女性もいるはず。

しかし、まだ好きかどうかもわからない段階の女性からプレゼントされると、男性は困惑してしまいます。

彼との関係ができあがっていないうちは、プレゼントはしない方がベター。

するとしても「休憩時間に買い出しに行ったついでにジュースを1本」とか「実家からたくさん送られてきて食べきれないお菓子」など、もらっても気負わないものにとどめておきましょう。

モノに頼らず、地道に関係を作っていく努力も大切です。

相手の気持ちを考えたアプローチをしよう

傷つくのが怖くて、好きな人ができてもアプローチできない人もたくさんいます。

恋愛で積極的にアプローチできているあなたは、じつはとてもすごいんです!

せっかく積極性があるのだから、相手の気持ちを考えて、逆効果になっていないかチェックしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)