未練があるまま終わってしまった恋は、なかなか忘れることができないもの。

そんな忘れることのできない男性がいるあなたに向けて、終わったはずの恋が再燃する瞬間についてのエピソードをご紹介します。

男性はどんなことがきっかけで、終わらせたはずの恋心に火がつくのでしょうか。

終わったはずなのに…恋が再燃する瞬間3つ

久しぶりに再会したとき

「久しぶりの再会」というドラマティックなシチュエーションは、恋を再燃させるのに十分な熱量を持っているようです。

「学生時代に付き合っていた女性がいたのですが、卒業から10年ぶりの同窓会で再会したんです。
すごく大人っぽくキレイな女性になっていて、久しぶりの再会で思わずときめいてしまいそうになりました」(29歳男性/会社員)

同窓会は、恋の炎が再燃しやすいシチュエーション。

昔とのギャップに、心をうばわれる男性も少なくありません。

もしあなたが忘れられない男性に久しぶりに再会する機会があれば、大人になった自分の魅力がアピールできるようなファッション・メイクを選ぶといいかもしれません。

そんなときがいつ訪れてもいいように、自分磨きを忘れないことも大切です。

困っている姿を見たとき

女性に手を差しのべてヒーローになりたいと考えている男性は、意外と多いもの。

困っている女性の姿を見て、またこの人を追いかけたいと考える男性も少なくないようです。

「社内の女性と少しだけ付き合ってすぐ別れてしまったんですが、ある日仕事でたまたま彼女が困っている場面に遭遇してしまって……。
彼女を助けてあげたい気持ちがわいてきたとき、もしかしてまた好きになる可能性があるかもって思いました」(26歳男性/公務員)

過去に恋愛関係にあった女性が困っているとなれば、男性として助けたい気持ちが高まるものです。

何か困っていることがあるときは、素直にヘルプを出すと恋のきっかけになるかもしれません。

思い出の品が見つかったとき

思い出の品が見つかったとき

何気ないタイミングで見つけてしまった元カノとの思い出の品を見て、ふと当時の恋心がよみがえるケースもあるようです。

「転勤が決まって引っ越しの準備をしていたとき、押し入れの奥にあった元カノとのアルバムが見つかったんです。
別れて数ヶ月経ってたんですけど、『いまどうしてるのかなぁ』と連絡してみたくなったのは、ここだけの話」(28歳男性/会社員)

すべて処分したつもりだった元カノとの思い出の品をふとしたタイミングで見つけ、元カノの存在が気になってしまうケースもあるよう。

カレのほうから連絡がきたときは、あなたのことを思い出して気持ちが高まっているのかもしれませんね。

恋に終わりなんてないのかも

どうしても忘れられない男性がいる……。

そんなとき、どうしたらいいのかと日々考えこんでいる女性もいるでしょう。

今回の男性意見から、一度終わった恋でも、ふとしたきっかけでまた恋の熱が高まることがめずらしくないとわかりました。

日々自分磨きをおこたらず恋のきっかけを見逃さないようにすることで、再度チャンスがくるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)