デート中に男性が心地よく過ごせているか、思いやり、気遣うのはとても大事なこと。

しかし、度が過ぎると男性に「おばさんっぽいな……」と感じられてしまうようなんです。

どんなシーンで男性は「おばさんっぽさ」を感じるのか、エピソードを4つご紹介します。

男性に「おばさんっぽい…」と思われてしまうデート中の言動とは?

食事中に汚れた口まわりを拭いてくれる

「お食事デートで女性がおもむろにティッシュを取り出し、僕の口のまわりについていたソースを拭いてくれたことがあって。

子ども扱いされているように感じて、嫌でしたね」(27歳・男性・会計士)

頼まれてもいないのに男性の口まわりを拭いてあげるのは、やめたほうがいいかも。

「子ども扱いされているのかな」「お母さんみたい」と思われてしまいます。

いきなり拭いてあげるのではなく、かわいく指摘して気づかせてあげましょう。

「あ!お口になんかついてるよ!」と笑いながら言うと、和やかな空気をつくれるでしょう。

頼んでもいないのにモノを買ってくれる

「彼女がコンビニに寄ると、必ず『はい、これ○○くんの分ね!』とジュースを買ってくれるんです。

嫌な気持ちにはなりませんが、なんだかおばさんっぽく感じてしまいます」(25歳・男性・プログラマー)

とくに理由もなくモノを買ってくれる女性に、おばさんっぽさを感じる男性は多いようです。

必要なら自分でも買えるのに、とプライドが傷ついてしまう男性もいるかもしれません。

せめて買う前に、一言「いる?」と聞くようにしましょう。

上から目線で褒める

「彼女はよく褒めてくれます。それ自体は嬉しいんですが、『○○できるようになったんだね!すごいすごい』と、まるでお母さんみたいな褒め方。

もっと男として扱われたいです」(25歳・男性・大学院生)

なにを、どう褒めるかはとても大事。

できて当たり前のことを褒めたり、「○○できてすごいね」と上から目線で褒めたりするのはNG。

子どもに接するお母さんのような感じが出て、男性のプライドは傷つくでしょう。

相手は一人前の男性です。

自分にはない魅力や、自分にはできないことを意識して褒めるようにしてくださいね。

世話を焼いてくる

「『トイレ大丈夫?』『飲みすぎちゃだめだよ』『帰り道わかる?』など、やたら心配してくる女性はおばさんっぽく感じてしまうかも……」(26歳・男性・医療事務員)

男性を見ていて「大丈夫かな?」と思うことがあっても、世話を焼き過ぎるのはNG。

大人ですから大抵のことは自分でできます。

心配になることがあっても見守ってあげるか、「私は○○だけど大丈夫?」と聞くのがいいかもしれませんね。

男性を子ども扱いするのはNG!

大好きな男性だからこそ、困っていることがあればいち早く気付いて、気遣ってあげたいと思うもの。

しかしなんでもかんでも気にしてあげていると、お母さんっぽさやおばさんっぽさを感じられてしまうかも。

相手を想うなら、口出しをせず、見守ってあげることが大事ですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)