「恋愛対象と結婚対象は違う」と感じることは多いでしょう。

結婚はふたりの生活、将来に関わってくる問題なだけに、「楽しい相手ならそれでOK」というわけにはいきませんよね。

経済的な問題を始め、お互いの家族のことなど、現実的に話を進めなければいけないからです。

では、一方の男性の場合はなにを考えているのでしょうか?

今回は、男性が「付き合うならいいけど結婚はしたくない」と思う女性の特徴をご紹介します。

付き合う分にはいいけど…。男性が「結婚したくない」と思う女性の特徴

幼稚でわがまま

恋愛対象と結婚対象を考えたとき、よく「恋愛はルックス重視」「結婚は内面重視」なんて言い方がされます。

男性の場合、付き合う相手は多少ワガママでも、キレイでスタイルが良い女性を希望する人が少なくないもの。

でも、思ったことをそのまま口走り、感情を露わにしてしまう女性では、いくら美人とはいえ、結婚相手としては考えづらそうです。

それよりも相手の考えていることを察してフォローし、相手を励ましてあげられる気遣い上手な女性のほうが、男性は結婚を前向きに考えられるでしょう。

自己中心的に彼と付き合うのではなく、彼がどうしたら幸せになれるのか……。

もう一歩大人な考えで付き合えるといいですよね。

自立していない

年齢を重ねていながら自立心が低いままだと、男性側の負担が大きくなってしまいがち。

それこそ「本当にこの子と結婚して、うまくやっていけるかな……?」と、彼はあなたとの結婚を躊躇してしまうかもしれません。

あなたもいつまでも親離れができず、些細な困ったレベルが起きるたびに、つい親や彼に甘えてしまってはいませんか?

人を頼りにすることは悪いことではありませんが、自分の頭で考えて、その判断に責任を持つことで人は大人として成長していきます。

もともと結婚は、大体同じレベルの人が一緒になることが多いもの。

しっかりした人にはそれだけの魅力に合った人と一緒になるのです。

年齢に似合った女性になるためにも、仕事、プライベートなどを通じて、しっかりと自立心を高めておきましょう。

一緒にいると気を遣う

相手との結婚を考える際、男性は「一緒にいて楽な女性」というポイントが、重要なウェイトを占めるようです。

結婚相手は生涯にわたって暮らすということもあり、これは女性にとっても気になるポイントですよね。

一緒にいて気を遣う相手だと、共同生活なんてできないですよね。

逆に、疲れているときに元気をもらえて、明るい気持ちになれる相手なら、結婚後のイメージが膨らみやすいのでしょう。

結婚後、幸せな家庭を築きたいのは男性も同じです。

ぜひ日頃から前向きな気持ちを大事にして、彼を支えられる力強い女性を目指したいですね。

つねに意識してみて

結婚を考える際、こうしたポイントがクリアできるかどうかは、絶対に外せない男性が多いはず。

ぜひ日頃から意識して、少しでも結婚対象として考えられる女性になりたいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)