好きな男性や彼氏ができると、ドキドキするようなシチュエーションを妄想することがあるでしょう。

じつはそれ、女性だけに限った話ではありません。男性も同様に、ドキドキするような憧れのシチュエーションがあるのです。

そこで今回は「じつは男性の心臓がバクバク鳴っているシチュエーション」を紹介します。

意中の人を振り向かせたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

男の憧れ!じつは男性の心臓がバクバク鳴っているシチュエーション

女性が肩に寄りかかってきたとき

「たまに電車のなかとかで彼女が彼氏の肩に寄りかかって寝ているのを見かけるけど、仲がいいんだなって思って羨ましい」(29歳/証券)

「家で映画を観ているときに彼女がウトウトし始めて、俺の肩に寄りかかってきた。動けなくてつらかったけど、彼女を起こしたくなくてそのままの状態をキープしちゃった。かなりドキドキだった……」(26歳/製造)

マンガや映画の世界でよく見かけるシチュエーションに憧れを持っている男性が多いみたい。

眠っているという無防備な状態を自分に預けてくれている状況は、頼られることに喜びを感じる男性をドキドキさせるにはぴったりのシチュエーションです。

女性から腕を組まれたとき

「ふとしたときに女性から腕を組まれたり手をつながれたりしたら、ドキっとしますね。平常心を装うけど、心臓はドキドキしててもしかしたら顔がニヤついているかも!」(29歳/IT)

男性は、不意打ちの行動に弱いもの。女性から腕を組んだり手をつないだりされて、嫌な顔をする人はいません。

くっついたときの密着感がさらに彼の気持ちを高ぶらせてくれるでしょう。

体だけでなく顔も近づくので、目が会ったときには上目遣いで彼を見上げてみて。彼の気持ちを虜にすること、間違いなしです。

手料理を振る舞われたとき

手料理を振る舞われたとき

「ひとり暮らしの女の子の部屋って男性は立ち入り禁止ってイメージがあるから、彼女の家に招かれるっていうだけでドキドキする!さらに手料理まで振る舞われたら、もう付き合ってるみたいですよ」(29歳/印刷)

男性にとって女性のひとり暮らしの家は、秘密の花園。そこに招かれるということは、自分は認められた男なんだと感じる人が多いようです。

手料理が並んだ女性の家はまるで付き合い立てのような雰囲気を体験できて、男性にとって憧れのシチュエーション。自慢の手料理を披露して、彼のハートをがっちりと掴みましょう。

男性がドキドキするような状況をつくって

恋をしているのだから、ドキドキする気持ちを味わいたいというのは男性も女性も同じ。ドキドキシチュエーションは、ふたりの恋愛をさらに加速させます。

さりげなく男性がドキドキするような状況をつくり出して、相手のハートを虜にしてみてださいね。

(愛カツ編集部)