大好きな彼に会えないとき、思わず「寂しい」ってLINEを送りたくなりますよね。

でも重いと感じられないか不安になる人も多いでしょう。

男性にとってLINEでの寂しいアピールはどう捉えられているのでしょうか?

NGパターンとOKパターンもそれぞれご紹介します。

用事はないけど送りたい…LINEでの寂しいアピールはうざい?

「俺って暇つぶし?」と思うLINEはうざい

「前の彼女とは、毎日送られてくる「今何してるの?」というLINEが原因で別れました。

少しずつ自分がただの暇つぶし相手にされていることに気づいたんです。

「今からDVDを見るところだよ。」と返しても「私は今からご飯。」と自分の話をするだけ。

内容も薄くて、いつも返信に困るものばかりでした。

こちらが話題を振っても「うん。」だけとか。面倒くさくて返信をやめると、また「今何してるの?」と送られてきて、もううんざりでした。」(30歳/建築)

寂しさのあまり、とにかく彼と連絡が取りたかっただけかもしれません。

でも、男性側は会話を楽しみたいのに、彼女がそっけなかったら悲しくなりますよね。

どんな状況でも、一方通行なLINEは避けた方がいいでしょう。

LINEでの寂しいアピールは賛否両論

LINEでの寂しいアピールは賛否両論

「疲れて帰ってきているタイミングで毎日中身のない連絡をされると、正直面倒くさいなと感じてしまいます。」(29歳/営業)

「大好きな彼女からの構ってLINEはかわいいです。どうでもいい内容でも、連絡をもらえるとうれしく感じます。」(28歳/設計士)

男性にとってLINEでの寂しいアピールは、意見が真っ二つに分かれるようです。

仲の良さだけでなく、日頃の行いや相手を思いやる気持ちがあるかどうかも、関係してくるのでしょう。

思いやりを感じられるLINEはかわいい

「さみしさをLINEでアピールしてくる彼女。毎回「お疲れさま」「寒いけど風邪ひいてない?」と、労いの言葉を入れてくれます。

ちょっとした愚痴を返したり、デートに誘ったりと会話につながるのでありがたいです。

構ってもらうために連絡くれたことが伝わってくると、なんだかニヤニヤしてしまいますね。」(28歳/自営業)

思いやりを感じるメッセージに、男性は癒やされるようです。

自分の気持ちをアピールすることも大切ですが、相手の立場を考えた言葉があるだけで、受け手側の印象も変わってくるようです。

これらは、どれだけ仲が深まっても意識しつづけたいですね。

(愛カツ編集部)