付き合うために告白は必須、という考え方は少し古いかもしれません。

いまは、言わなくても気持ちを分かってくれる人が、好かれやすい時代。

男性に告白させることを考えるよりも、空気を読みながら自然と距離感を縮めてくれる女性が好感を持たれやすいようです。

気づいたらいつも彼の横にいる。

どうしたら、そんなポジションが得られるのでしょうか?

告白しない!気になる彼と自然とカップルになる方法

周りの友人に「カップル認定」してもらう

共通の友人や知人など、第三者にカップル認定してもらうことは、告白なしでカップルと同じ距離感になれる一番簡単な方法かもしれません。

認定してもらうためには、友人からこんな質問をされるといいでしょう。

「いつも二人はどこでデートしてるの?」
「彼氏さんはどこに住んでいるの?」

彼がこの質問にスムーズに答えていたら、あなたのことを彼女としてみなしているはず。

また、友人とダブルデートを組んでみるのもおすすめです。

これらをきっかけに、一気にラブラブ感を高めてしまいましょう!

好きの代わりに感謝の気持ちを伝える

脈ありを実感しながらも、まだ関係がハッキリしないときに言われると、嬉しい言葉があります。

「○○くんがいてくれて良かった!」
「○○くんじゃないとだめ!」

こんな言葉をかけてみて、彼の反応を見てみましょう。

自分の存在を大切にしてくれることに、彼は心温まるはずです。

また、彼からもあなたへの思いを口にしてくれるかもしれません。

しかし、ここで彼からとくに反応がなければ、あなたは遊ばれている可能性があります。

あなたが本気で好きになる前に、距離を置きましょう。

2人で過ごす機会を増やす

自然な流れて彼と距離を縮めるためには、2人で食事に行く仲になることが効果的です。

食事が難しくても、2人で過ごす機会を増やしましょう。

2人でよく食事に行く関係は、男女がお互いシングルである場合、最も恋人に近い関係です。

誘うときは、気軽にメッセージを送りましょう。

もっと好意を表現したければ、「○○くんて面白そう。一回じっくり話してみたかったんだ!」なんて言葉を添えるのもおすすめです。

この段階では、食事まで関係にとどめましょう。

男女の深い関係になってしまうと、遊びのためのキープ扱いにされてしまうかも。

「ほかに付き合ってる子いるの?」と質問する

2人で気軽に食事に行ける仲になったら、こんな質問をしてみてください。

「ねえ、ほかに付き合ってる子いるの?」

「ほかに」という一言を入れることで、「私はあなたと付き合っていると思っている」ということが伝わります。

彼から「いや、いないよ」という答えを引き出したら、一気に恋人モードに突入しましょう。

この質問は、リスクよりもメリットの方が大きいので、グレーな状態を脱出したいときこそ、試してみてください。

告白という発想を捨てて

勇気を出して玉砕する、いままでの告白の仕方を倣う必要はありません。

告白という発想を捨てて、ナチュラルに彼と距離を縮めていきましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)