付き合う前のデートの食事代、どうすればいいのかと考えることが多いかもしれません。

男性が全額おごってくれるなら、正直うれしいものです。しかし「付き合ってもいないのにおごってもらうのは気が引ける」という人もいるでしょう。

男性の好意に甘えたほうがいいのか、それとも割り勘にするべきなのか。

「付き合う前のデートの食事代、女性はどうするべき」を、今回紹介していきます。

付き合う前のデートの食事代、女性はどうするべき?

割り勘するべき

相手からの好意が薄そうだと感じる場合、相手に払ってもらうのは「悪いな」と思うものでしょう。

そんなときは「もしよかったら足しにして!」と、自分の分のお金をさり気なく男性に渡すべきです。

会計前にあらかじめ彼に渡しておけると、それとなく彼を立ててあげられます。

こうした配慮ができると男性は「この子、気が利くな」と感じて、あなたのことを一目置くかもしれません。

恋のチャンスは、いつどこに転がっているか分からないもの。女性といえども別れ際までスマートな行動が取れると、男性はもっと時間をかけてあなたと親密になりたいと思うでしょう。

多少でも支払うべき

自分の好意によって、対応を変えてもよいでしょう。

たとえば両思いだとして、料理の値段が思ったより高かった、あるいは彼の財布事情がピンチなとき。そんな場合は彼に無理をさせず自分の分を払うとか、多少でも自分も支払ったほうが男性からは好印象です。「悪いな」と思いつつも、「こういう子と付き合いたいな」と思ってもらえるでしょう。

また自分は好意を抱いているけど、彼の好意が薄い場合。「割り勘で全然いいからね!」「私から誘ったわけだし」と、ひと言伝えられると彼も嫌な気はしません。

「おいしかった~!ごちそうさま」「今日はありがと!また行こうね」と彼が食事に付き合ってくれたことに感謝できると、「いい子だな」と思ってもらえるはずです。

いったん、相手からの好意を把握するべき

ふたりが両思いの場合はたいてい、男性がさり気なくおごってくれることが多いでしょう。おそらくそうしたほうが、彼女の気を惹けるからです。

お店の目もありますし、男性として格好つけたい。もしかしたら、そんなプライドもあるのかもしれません。

いずれにせよ相手がデートとして食事代をおごってくれるのは、それだけ好意がある証拠と受け取ってよいかも。素直におごってもらったほうが、彼もうれしくなりそうです。

だからと言っておごってもらって当たり前という感じを出すのは、よくありません。

それとなく財布を出して支払う素振りを見せるとか、あらかじめ「会計どうする?」と聞いてから「じゃあ奢ってもらっちゃおうかな~♪」と思い切って甘えるとか。彼に合わせながら、様子見できるよいでしょう。

おごられ上手、割り勘上手な女性を目指して

何かと話題になりがちな、男女の食事代問題。悩むことがあったらぜひ、おごられ上手や割り勘上手な女性を目指してみてください。

そうすれば男性が思わず追いかけたくなる、素敵な女性になれるでしょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)