他に好きな人がいたり、なんとなく合わない気がしたりして彼を振ってしまったけど、時間が経つとやっぱり気になってきた……。

今回はそんなときに、もう一度告白してもらえる方法をご紹介します。

断っちゃったけど…振った彼にもう一度告白される方法

SNSで匂わせる

好きな彼とSNSでつながっているという方も多いと思います。

直接彼に思いを伝えられないなら、SNSでさりげなくアピールしてみてもいいかもしれません。

決して彼のことがやっぱり好き、とはっきり記載する必要はありません。

「あのときのデートのあの場所がすてきだった」とか「選択を間違えてしまったかも」など、彼だから気付いてもらえるようなことを書いて残してみてください。

彼があなたを気にかけてSNSを覗きにきてくれたら、再度の告白をしてもらえるかもしれませんよ。

自分から連絡してみる

告白を断ったあと、彼からの連絡が途絶えるということは良くあることだと思います。

もう一度連絡が来るかもしれない……そう願って待っていても、来ないものは来ないでしょう。

だったら自分から連絡してみてはいかがでしょうか。

失礼な断り方をしたのではなければ、今まで通りご飯や映画に誘ってみるといいですね。

そして彼が「一度振られてるんだよ? 」などと言ってくれば、「やっぱりもっと一緒に遊びたいし、一緒に居たい」とこちらの気持ちをほのめかしてみましょう。

会ったときに彼からもう一度告白があるかもしれません。

遠回しに「好き」を伝える

これは最終手段で、彼の気持ちがあなたにまだあるとわかっているときに有効です。

やっぱり好き、と伝えるのもいいですが、どうせなら彼の方から告白して欲しいですよね。

だったら告白を断ったあとのデートで「あなたと過ごすのはやっぱり楽しい」など彼のテンションを上げるような、そんな思いを伝えてみてください。

できそうなら、自分から腕を組みにいったりしてもいいですね。

彼が「今ならOKもらえるかも」と思うような雰囲気を作ることができれば彼とカップルになれるかもしれませんね。

自分の気持ちに正直に

いざ告白された瞬間は、彼と恋人同士になったイメージがわかなくてお断りしてしまうこともあるかもしれませんが、離れてみて気付くことは結構多いんですよね。

でもそれからでも遅くありません。

自分が後悔しないように、できることをやってみてくださいね。

(愛カツ編集部)