同じ職場の彼や、二人きりで遊んだことがない男友達を好きになった場合、どうやって彼をデートに誘いますか?

そもそも、「誘われるまで待つ」という人もいるかもしれません。

誘うとなれば、うまい誘い方をすることが、成功のポイントに。

そこで今回は、気になる彼にOKされる「LINEでのデートの誘い方」をご紹介します。

勝率アップ!気になる彼にOKされる「LINEでのデートの誘い方」

「おごるのが当然モード」は苦手

男性が女性と二人きりで食事に行った場合、それがデートではないとしても「男性がおごるべき」という雰囲気が漂うはず。

男性のほうが年上、職位が上という場合はとくに、女性におごって当然というムードになるでしょう。

けれど男性が、まだ女性にそれほど強い興味を抱いていない場合は、「これOKしたら俺がおごることになるのかぁ……」と、お財布のなかを覗きながら迷ってしまうよう。

あの子のことは嫌いじゃないし、一緒に食事に行ってもいいと思っている。

でも、食事代を全部俺が出すのは、ちょっと……。

そんな本音が、彼のなかには湧き上がっているはずです。

「ケチ!」なんて思わないでくださいね。

部長や役員、社長レベルの男性であれば、女性一人の食事代なんて気にもとめないでしょうが、最近の20~30代男性は彼女以外の女性におごることには、やっぱり少し抵抗があるみたいです。

「嫌いではない」なら可能性はある

彼があなたのことを好きならば、お誘いを二つ返事でOKするはずですが、それをしないということは、彼の気持ちは友情レベルにとどまっていて恋愛感情ではないと考えられます。

特別な事情がなければ、わざわざ二人きりで食事に行く必要はないと考えているでしょう。

とはいえなにかしら返事をくれていたり、仕事仲間として、あるいは友人としての付き合いが良好だったりするなら、「嫌いではない」と判断できそう。

悪い感情は抱いていないのですから、やり方次第で巻き返しはいくらでもできるでしょう。

彼の迷いを解消する誘い方

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

男性に「奢らなくてもいい」と思わせればいいのです。

たとえば、「〇〇のフレンチレストランの招待券をもらったんですけど、△△さんの職場から近いですよね?よかったら仕事帰りに一緒に行きませんか?私の周りでは、みんな都合がつかなくて……」

招待券なんて、なんだかセコいな……と思ったでしょうか?

でも、正式なデートへのお誘いではないし、とにかく彼と二人で食事をすることを目的とするなら、招待券とか割引券とか株主優待とか、「彼がお金を出さなくても良いきっかけ」があったほうがいいのです。

彼としては自分が奢らなくていいし、フレンチレストランというのも魅力的、しかも自分の職場の近くのお店ということで、二人きりだとしてもOKしやすくなるはずです。

魅力的なお店選びも重要に

男性は基本的にお肉が好きです。

女性が好むようなバーニャカウダや有機野菜のなんとか……というお料理よりも、ステーキやとんかつ、唐揚げ、焼き肉というメニューのほうが食欲も湧くでしょう。

「友達が焼肉屋さんで予約を取ってお金も支払い済みなんだけど、急に行けなくなったらしく、予約枠を譲ってもらったよ!良かったら一緒に行かない?」

こんなLINEを送るのも良いかもしれません。

ただし、招待券にしても予約にしても、彼が食事代を奢らなくて済むためのきっかけは自分で用意する必要がありますので、そこは恋の進展のために頑張ってみましょう!

彼が誘いに乗りやすくなるLINEを心がけて

目的はデートではありません。

あくまで、彼と二人で食事に行くことに絞りましょう。

そのためには、自分の気持ちや都合は後回し。

いったん脇へ置いておいて、彼がどういう気持ちになるか、どういうシチュエーションを作れば誘いに乗ってくれるかを最優先して考えてみてください。

そうすれば、「良かったら、今度一緒に食事行きませんか?」という、なんのひねりもないLINEは送らないはずです。

彼の心が揺り動かされる文面が送れたら、二人きりで会うことも難しくないでしょう。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

●急展開も夢じゃない!デートで「関係を進展させる」テクニック4選