付き合うとひと口に言っても、その付き合い方は人によってあるいはカップルによって異なるでしょう。

お互いの好きの気持ちが同じくらいで、何でも言い合えるし助け合えるなんて関係に憧れる人もいそうです。

もしいまはまだ女性片方だけの気持ちが強いとしても、いずれは相手男性の気持ちも同じくらいになるはず。そうしたら、ふたりはもっと仲良くなれるでしょう。

今回はそんな「男性が心から大切にする、愛され彼女の特徴」を紹介します。

男性が心から大切にする、愛され彼女の特徴3選

意見をころころと変えない

「前の彼女は『デートここ行こうよ』って伝えたら最初はOKって言うのに、直前でやっぱ嫌って変えたりしてストレスがたまった。いまの彼女はそんなことがなくて安心している」(28歳・ゼネコン)

男性からすると、一度決めた意見をコロコロ変えられるのは相当なストレス。何より「あの子の言葉は信用できない」と思われてしまいます。

もちろん、意見がなかなか決められないのは仕方ないこと。そんなときは正直に「ごめんね、迷ってる」と言えばいいのです。

言ったことを変えるのは、とくに真面目な男性や仕事ができる男性にとってはNG。深く考えずに返事をしないよう、気をつけましょう。

話を覚えていてくれる

「昔話をしたときの地名とか登場人物の名前を、言った本人も忘れているのに覚えてくれていると、あ、俺のこと本当に好きでいてくれるんだな、ってうるうるします」(30歳・広告代理店)

興味のない話ってなかなか耳に入らないですし、覚えるのが難しいはず。

でも彼を本当に大事にしているなら、些細なことでも記憶に残せるなんてことがあるのかもしれません。

彼から愛されたいのなら、彼が言ったいろいろなことを覚えておきましょう。

些細なことを覚えてもらえるのって、男性からすると本当にうれしいことなのです。

ほかの男性とふたりきりで会わない

「男友達が多い彼女なので付き合う前は心配だったんだけれど、ぼくと付き合ってからは必ず3人以上で会うようにしているみたい。信頼できる彼女だなって思った」(27歳・Web)

女性側としては、男友達とふたりで遊ぶのにまったく問題がないと思っていても、彼氏側からするとやっぱり自分の彼女と男がふたりでいるのを想像したくないもの。

「えー、そんなの気にされるのめんどくさい」と思う人もいるかも知れませんが、もしかしたら控えたほうよいかも。彼氏に一度、確認してみるのもありです。

本気で相手と向き合うのが重要

結局のところ、今回挙げた3つの項目は本気で相手のことが好きだったらできる項目です。

何事も中途半端にせず、彼氏のことを考えて行動すると関係がいっそうよくなるかもしれません。

彼氏のハートをがっちり掴みたいなら、ぜひ実践してみてくださいね。

(ハラ マキ/ライター)

(愛カツ編集部)