長続きしているカップルには、LINEの使い方を2人で決めていることも多いようです。

そこで今回は、2人のなかの「LINEルール」3ヶ条をご紹介します。

長続きカップルが決めている「LINEのルール」3ヶ条

お互いのLINEを隠さない

お互いのLINEを別に隠そうともしないというスタンスが、長年カップルを続けている秘けつになっていることもありそうです。

LINEの通知オンにしておけば、スマホのトップページで誰から来たかわかりますが、それくらいは見られても平気という態度がお互いの安心感につながっているようです。

そういう意味では、LINEのアカウント名も本名にしておいて、やましいことがないように決めているパターンも。

LINEを見ないのが一番大事

お互い隠しもしないという反面、LINEを見ないようにすることが一番のルール。

誰か異性と連絡を取り合っているのではないかという疑いを持ちたくなる気持ちもあるでしょうが、そこはお互いを信頼しているなら大丈夫と思いあうことで伏せている状態です。

逆に見ないことで浮気がばれていないというケースも少なくないかもしれませんが、もしかしたら同性の友だち同士で他には打ち明けられない悩みのメールが来ることもありますよね。

プライバシーを守るという意味でも、こういったルールは必要でしょう。

タイムラインで2人の写真をアップ

タイムラインで2人の写真をアップ

LINEでは連絡を取り合う手段の他に、タイムラインと呼ばれる場所で自分の近況をアップすることもできます。

これは全部の友だちに公開されるので、ここにカップルでいるときの写真を載せておけば、少なくとも2人はつきあっている証ができるので、そこで誘惑の連絡が来ることは極端に減るでしょう。

また、カバーやプロフィール写真を2人が載っている写真にしている人も目立ちます。

浮気をにしくいという側面に加えて、本人たちの愛情の深さをお互い共有する良いツールにもなっています。

プライバシーは守りつつ、隠さない

LINEではいろいろな人と連絡をとりあうので、プライバシーを守るのと同時に、別に隠しもしないスタンスがやましい気持ちがないことの証になっています。

タイムラインで自分たちの写真をあげて、お互いコメントをしているカップルも多いですよね。

自分たちの愛情が深まることに加えて、周りからの認知度も広がるので、なかなか別れにくくなるということもありそうです。

(愛カツ編集部)