「私は一生独身でいるんだ!」と決心していない限り、年齢を重ねるごとに、結婚も視野に入ってくるでしょう。

今の彼との結婚を思い描いている人もいるはずです。

しかし、「彼とずっと一緒にいたいのか?」それとも「ただ結婚がしたいのか?」といった疑問が浮かんでくることもあるかもしれません。

自分の大事な将来なので、この疑問については、早い段階ではっきりさせた方が身のためといえるでしょう。

今回は、彼と一緒にいたいのか、結婚がしたいのかを、ハッキリさせるための極意を紹介します!

彼がいいの?結婚がしたいの?ハッキリさせるための3つの極意

「○○歳までに結婚したい」焦りがあれば彼以外も視野にいれよう

「彼と一緒にいたい」ではなく「ただ結婚がしたい」と思うのであれば、時間は有限なので、彼以外の人との結婚も視野に入れたほうがいいでしょう。

彼からプロポーズされるのを待っていたら、どんどん時間が過ぎる可能性もあるはずです。

「結婚相手は彼じゃなきゃイヤだ!」というのなら、待つ価値はあるかもしれません。

しかし、「○○歳までに結婚したいの!」と目標がある場合や、彼の結婚願望が謎であるなら、彼以外の男性との結婚も考えてみるべきといえるでしょう。

「結婚しなきゃ」と感じる理由を考えてみる

女性のなかには「結婚がしたい」じゃなく「結婚しなきゃ」といった、強迫観念から、結婚相手を探している人もいるはずです。

誰かに「結婚しなきゃ勘当だ!」などと脅されている…なんてことはないでしょう。

一度、どうしてそんなに結婚にこだわるのか考えてみてください。

おそらく「子供が欲しいから」という理由が多いとは思いますが、周りに何となく影響されて、「結婚しなきゃ」になっているだけの人もいるはず。

自分はなぜ結婚したいのか、なぜ子供が欲しいのか、それを考えたら、「結婚しなきゃ」という、強迫観念は消えるかもしれませんよ。

形にこだわる必要もない?

もし「彼と一緒にいたい」というのなら、別に結婚にこだわる必要もないでしょう。

別れなければ彼と一緒にいることができるはず。

もちろん、結婚をすれば「夫婦になった」という拘束力ができるので、簡単に別れることはできないでしょう。

しかし、結婚したからといって、「100%別れない」という保証はないはず。

「早く結婚したい!」と彼氏に結婚をせがんでいるのなら、あなたが望んでいるのは、彼との結婚ではなく、結婚という形式へのこだわりなのかもしれません。

自分の気持ちを最優先に考えよう

彼がいいのか、単に結婚がしたいのか、自分のなかでぼんやりしていたら、先が見えないし、進むこともできないはず。

周りから「結婚はまだ?」など言われると、焦ってしまう気持ちは多くの女性が抱える問題でしょう。

しかし、自分の人生なので、別に他人の意見に従う必要はないはず。

人の意見に惑わされず「自分はどうしたいのか」を大事にすべきでしょう。

「彼と結婚したいのか」「ただ結婚したいのか」この機会に自分の胸に問うてみてください。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)