「気になる彼に告白はできない!でもアピールはしたい!」……こんな風に思うことはありませんか?

自分から告白するが難しくても、普段のやり取りの中でさりげなく男性に好意を伝えることは可能です。

そこで今回は、「好意を伝えられる3つの行動」をご紹介します。

告白できないときはアピール!男性に好意を伝える行動3つ

 

2人で出かける

女性が一緒に出かけると、男性は相手が「自分のことを好きなのかも」と思うそうです。

一緒に出かけることができれば、付き合うまでの中間地点にたどり着いたのと同じもの。

女性にとってはまだ入り口にさしかかった程度に感じるかもしれませんが、男女で認識に差があるためむしろ好意を伝えやすいのです。

気になる男性がいるなら、積極的に2人で出かけることで間接的に好意を伝えられるでしょう。

いつもよりもおしゃれな服装

女性の服に気合いが入っていることに男性が気づいた場合「俺のために服を選んでくれたのかも」と思うことがあります。

いつもは普通の服を着ているのに、ふたりで出かけるときだけ、とくに気合いが入った服を着ていったら相手も気づきやすいでしょう。

気になる男性と一緒に出かけることがあったら、好意を伝えるために精一杯おしゃれな服を着て出かけましょう。

 

男性の体に触れる

男性の体に触れる

一緒にいるときにさりげなく体を触ることや、フレンドリーなボディタッチは相手をドキッとさせる効果があります。

男友達であっても、触れ合えるのは「それだけ親密な関係である」ということを示しているからです。

気になる相手にはハイタッチなどさりげないボディタッチをすることで、自分を意識してもらいやすくなりますよ。

さりげなく好意を伝えよう

今回ご紹介した行動を取れば、告白したくてもできない男性に対して好意を伝えられます。

また、逆にこれらの行動を取らなければ、恋愛対象でない男性に勘違いされることを防げるでしょう。

自分の行動を見直して、早速気になる相手にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)