ルックスにコンプレックスがある男性や口下手な男性は、好きな女性ができても自分からアピールするのはなかなか難しいもの。

もしも、そんなシャイで奥手な男性に好かれていたら……あなたは気付くことができるでしょうか?

せっかく素敵な男性から好意を持たれていても、それに気づかなくてはもったいないですよね。

そこで今回は、男性からのさりげない「あなたが好き」というサイン3種類を紹介していきます。

併せて男性陣のホンネもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

見逃さないで!奥手男性のさりげない「あなたのことが好き」サイン

LINEなどを簡潔に終わらせてしまう

好きな女性とは長く、いつまでも会話を楽しんでいたいもの。

しかし、あなたが好きだというサインを出すのが難しい奥手男性の場合、逆にLINEやメールでのやりとりが簡素化してしまう傾向がみられます。

「好きな子からLINEが来たら、ちゃんと返事しなきゃって思うので……。
聞かれたことに答えて、ありがとうって言われて、終わってしまいます」(20代男性/公務員)

真面目に答えることによって、すぐに問題解決へ導いてしまうことから、会話は続かない傾向に。

「緊張するから、ダラダラ日常会話もできません。面白いようなことも言えなくて、LINEは会話が続かないです」(30代男性・会社員)

面と向かって話す場合よりも、LINEでのやりとりが大変だと思う男性が多いよう。

自信がないこともあり、楽しませようとするよりも「不快にさせないようにしよう」ということを優先した対応が目立ちます。

笑顔よりも無表情が多くなってしまう

好きな女性を前にしたら、好かれようと笑顔になる人がほとんどかと思いがちですが、奥手男性はそうはいかないようです。

「笑顔でいるって、結構勇気がいりますよ。
もっと……なんというか、自然体でいようと思うせいか、無表情になってしまっているかもしれないですね」(30代男性/公安職)

いつも無表情だよね、と言われた経験があるという男性も!

「いいなと思っていた女性に『いつも無表情だよね』って言われてしまって。
冷静でいようと心がけていたのが、周囲からみればただの暗いヤツだったのかなと思うと泣けます」(男性/匿名希望)

笑顔でいようという心がけよりも、冷静であろうと思ってしまうのが悲しい性。

あの人いつも無表情だな……と思ったら、思い切ってこちらから話しかけてみてもいいかもしれませんね。

お酒を飲んでも介抱以前に、酔わせない

男性からのアプローチとして、気になる女性が酔ってしまったら介抱をしてあげる!というのが予想できます。

しかし、そもそも奥手男性は、気になる女性をそこまで酔わせないようにするものです。

「飲み会の席で、飲まされていたら止めます。
それか、飲んだあとに水なんかを持っていきます。酔ってつぶれたりなんかしたら可哀想ですから」(30代男性/自営業)

好きな女性を酔わせて介抱しよう……と考えるよりも、悪酔いしたら可哀想だと思う男性多し!

飲み会の最中にやけに自分に気を遣ってくれているなぁ……と感じたら、もしかしたらそれは好意を抱いているサインかもしれません。

「酔わせちゃおう!みたいな男って、好きというよりも好奇心なんじゃないですかね。
好きな女性が酔って具合悪くなってたら可哀想だし、心配するはずです」(20代男性/介護職)

ドンドン飲め飲め~!とノリノリな男性に冷たい視線を送る男性もいるようですね。

「好きな人=大切な人」という定義は揺るぎないのだということがわかりました。

彼からの好意をしっかりキャッチ!

案外、あなたのことを思っている男性はすぐそばにいるのかもしれません。

ただわかりやすいアプローチがない場合、相手は奥手な男性の可能性が高いですから、周囲の様子を見ながら話しかけてあげてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)