「交際が始まってもなぜか長続きしない」そんな悩みを抱えている方もいるでしょう。

もしかするとあなたは、交際が長続きしないNGパターンを繰り返しているかもしれません。

基本的に恋に一直線で、頑張りすぎてしまう人ほど、NGパターンを連発しやすい傾向があるようです。

今回は原因と改善策を解説していくので、もしも思い当たる節があれば、注意してみてくださいね!

なぜ交際が続かないの?カップルが短命で終わる4つの原因とは

相手に変化を求めてばかり

悪いのは自分ではなく、すべて相手だと考えてしまうと、相手にばかり変化を求めてしまうはず。

相手に対して「あなたが変われ」と言ってしまうということは、裏を返せば「今のあなたを私は認めない」というメッセージにもなりかねません。

「○○してよ」「○○はしないでよ」と、相手にばかり変化を要求していると、相手は自分を否定され続けるような気持ちになってしまうでしょう。

お付き合いをするからといって、恋人同じ価値観を持っているとは限らないでしょう。まずはそこを受け入れるところから始めてみてください。

会話の主語が相手ばかりになってない?

「あなたは私のことどのくらい好きなの?」「おまえがこうしろよ」など、お互いに“相手”を主語にして話を進めてしまうこともあるでしょう。

しかし、人の行動はそう簡単に変えることはできないはず。

自分の行動すら変えるのが難しいのに、相手に求めるなんてもっと難しいことでしょう。

相手に変えてほしいところばかり考えるのではなく、「自分はどのくらい相手のことを好きなのか」「自分はどうしたいのか」と、主語を自分にして考えてみてください。

少なくとも“相手”を主語にしていたときよりは、前向きなアイデアが出てくるはずです。

カップルの決まり事が多い

カップルの決まり事が多い

約束をしていなければ「イヤなことをされた」で済むことでも、約束をすることで「約束したのに守ってくれない!」と相手を責める材料や自分の傷つき体験が増えてしまうでしょう。

カップル間で決め事をすることは大事ですが、その決め事があまりにも多すぎると、お互いが疲れてしまうはず。

その拘束感から、自由を求めて別れたくなることもあるでしょう……。

「約束は破られるために作るもの」と言われることもあるものです。

必要以上に“カップルの約束”は作らないほうがよさそうですね。

交際してすぐに飛ばしすぎてしまう

付き合えたことが嬉しすぎて、毎週デート、毎日電話など最初からやりすぎてしまうと、お互いがエネルギー切れになる可能性が高いでしょう。

恋愛で大切なのは、短距離走ではなく長距離マラソンの姿勢なはず。

ペース配分や自分の普段のエネルギーを意識して、最初から飛ばしすぎないことが大切です。

やりすぎかどうかを見極めるためには“ちょっと自分の調子が悪いとき”を想定してみましょう。

「風邪をひいても、そのペースで連絡ができる?」「仕事が忙しくても同じペースで会える?」と考えてみると、ちょうどいい距離感が見えてくるはずです。

自然体でいることが長続きの秘訣

長いお付き合いをするのであれば、無理をすることも、相手にいろいろ求めすぎてしまうこともやめましょう。

大切なのは、お互いが心地よく、自然体でいられることでしょう。

当然のことかもしれませんが、あらためて「自分は自分、彼は彼」と意識し直すことが大切になるようです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

●気づいたら終わってる?短命な恋にありがちな始まり方とは