好きになった男性が年下だった場合、あなたはどうアプローチしますか?

実は年上だからこそ使える武器があるんです。

それは歳を重ね、経験を積んだからこそ出せる「余裕」です。

男性が思わず惚れてしまう年上女性の「余裕」とはどんなものなのか、エピソードを含めて4つご紹介します。

男性が思わず惚れてしまう年上女性の「大人の余裕」とは?

ガツガツしていない

「飲み会で知り合った、3歳上の女性。素敵だなと思いLINEを交換したのですが、連絡をするのはいつも僕から。

男として見られていないのかもと焦り、猛烈にアタックしてなんとか交際までこぎつけました」(27歳/SE)

「年下男性は男として意識していない」とでもいうようなふるまいに、大人の魅力を感じる男性は少なくないようです。

簡単には振り向いてくれないからこそ、距離を縮めようと躍起になるわけです。

気になる彼には連絡したくなってしまいますが、ガツガツせず、少し待ってみたほうがいいかも。

彼から連絡がきたときは、優しく丁寧なお返事を返してみてくださいね。

束縛をしない

「8歳上の彼女は、僕が女友だちと遊び歩いていても一切気にしない様子。

逆に、僕の方が彼女の男関係が気になってしまって。彼女の大人の余裕に、どんどん惹かれていきました」(27歳/飲料)

男性は相手を信じて束縛をしない女性に、大人の魅力を感じるようです。

異性関係が気になるときもあるかもしれませんが、口出しは控えて。

ドンと構えることを意識すると、大人の余裕を醸し出せることでしょう。

話をよく聞いてくれる

「僕の彼女は年上なのですが、僕の話をよく聞いてくれるんです。だから話すのがすごく楽しくて。

同年代の女性にはない魅力がありますね」(26歳/配送)

おしゃべり好きな女性は多いと言われており、男性は必然的に聞き役に……。

しかしときには男性も話したいときがあります。

そんな気持ちをくみ取り、話を聞こうとしてくれる女性に大人の余裕を感じる男性は多そう。

自分本位にならずに、相手の話に耳を傾けるようにしてみてください。

「話すのが楽しいから、もっと一緒にいたい……」と、思わせることができるでしょう。

トラブルを楽しむ

「年上女性とのデート中、僕が電車にスマホを置き忘れてしまって……。焦っていたら、彼女がすぐに案内所へ問い合わせてくれて無事発見。

スマホを取りに行くために遠くまで足を運ぶことになり申し訳ないと思っていると、『いつもとは違う景色が見れてよかった』と彼女。大人の余裕を感じましたね」(28歳/IT)

トラブルに見舞われれば、誰でも焦るもの。

そこで落ち着いて対処をし、むしろイレギュラーな状況を楽しむ姿からは、大人の余裕が滲み出ます。

男性に「この人と一緒なら、どんなことも楽しめるかも」と思わせることができるでしょう。

大人の余裕は武器になる

年下男性を好きになったとき、年齢差を恨めしく思ったことはありませんか?

彼よりも大人だから、恋愛対象に見られないのでは……と思っていませんか?

「大人の余裕」は武器になります。

自信をなくしたり、必死に迫ったりせず、余裕のある女性を演じましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)