好きな人とのLINEはドキドキしてしまうもの。

せっかく連絡先を知っているのに、好きな人にはなかなかLINEを送れないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、好きな人にLINEをする口実をご紹介します。

関係性で違う?好きな人にLINEする口実3選

気になる友達には…

「人気アーティストの看板を見かけて勇気を出して送ってみることに。
偶然、彼がそのアーティストのファンだったらしく、会話がかなり盛り上がりました」(24歳女性/美容師)

「愛犬のかわいい写真が撮れたので、しばらくLINEをしていなかった気になる彼に写真を送ってみました。
写真をきっかけに、さまざまな会話をすることができて嬉しかったです」(26歳女性/受付)

普段仲良くしている友達といえど、気になる人となるとLINEを送るのは勇気がいるもの。

また、一度LINEが止まってしまうと次の会話もなかなか送りにくくなってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、「画像や写真を送る」というもの。

男性が気になりそうな写真や画像をチョイスして送れば、会話が盛り上がるかもしれません。

面白そうな写真が撮れたときは勇気を出して、気になる男性に送ってみましょう。

気になる同僚には…

「社内のイベントや飲み会があるときには同僚の立場を利用して、質問してみたり、イベント関連の会話をしてみたりしています。ちょっとした会話からほかの話に繋がることもあるのでおすすめです」(25歳女性/商社営業)

「上司の送別会の幹事になったことを利用して、気になる同僚にLINEで相談してみました。
彼も以前、送別会の幹事をしたことがあったみたいで、丁寧に教えてくれて、お礼に食事の約束まで取り付けました」(28歳女性/メーカー事務)

同じ会社の同僚に恋をしている場合には、社内のイベントを利用してLINEをすることがおすすめ。

仕事絡みでもあることから返信が来る可能性も高いかもしれません。

質問をして何か教えてもらった場合には、お礼として食事などに誘うと、さらに距離が近づくでしょう。

気になる先輩には…

気になる先輩には不在着信攻撃

「友人の勧めで不在着信をしてみることにしたんです。
失礼かな?と思ったけど、先輩から早速連絡があって、LINEを続けることに成功しました」(24歳女性/カフェ店員)

「気になる先輩のLINEを眺めていたら間違えて電話をしてしまいました。
気まずいと思ったのですが、先輩から折り返しがあって共通の話題で持ち上がりました」(29歳女性/公務員)

先輩に対してLINEを送ることは、ハードルが高いですよね。好きな男性であれば、なおさら連絡しにくいと思います。

そんなときは、LINE通話を使用して、あえて不在着信を残してみるのもおすすめ。

間違え電話からLINEで連絡を取り合うことができるようになるかもしれません。

先輩に迷惑にならないような時間帯を考えて、思い切って行動を起こしてみると関係性が発展するかも!

ちょっとだけ、勇気を出して

LINEをうまく活用すれば、気になる男性と仲良くなるきっかけになるかもしれません。

好きな人に対し行動を起こすのは緊張すると思いますが、勇気を出してLINEを利用して、関係性を発展させてみましょう。

(愛カツ編集部)