意識していない男性から、好意をもたれて困った経験はありませんか?

愛嬌のある女性はとくに、無意識に男性を勘違いさせる行動をとりがち。

できれば、好意は気になる彼にだけ伝わってほしいですよね。

そこで今回は、「俺のこと好きじゃないの?」と男性を勘違いさせてしまう言動を3つご紹介します。

「俺のこと好きじゃないの?」男性を勘違いさせてしまう言動3つ

業務連絡でLINEを聞いただけなのに…

「会社の飲み会で幹事を任せられました。隣の部署のAさんがお店に詳しいと聞いたので、少し知恵を借りたくてLINEを聞いたところ、その日のうちになぜかデートのお誘いが。

予定が合わずお断りしたのですが、数日後には直属の先輩から『Aのこと好きなんだって?Aが嬉しそうに相談してきたよ』と声をかけられました。

ただお店を聞きたかっただけとも言えず、そのまま連絡を取らないようにするしかありませんでした。」(27歳/営業)

女性の方からLINEを聞くシチュエーションは意外と少なめ。

とくに、あまり交流がない相手から連絡先を聞かれると期待してしまうのが、男心なのかもしれません。

新しい服や髪型を褒めただけなのに…

「いつもと違うテイストの服を着てきた先輩。普段はあまり話さないのですが、私の好きなブランドだったので、『その服、オシャレですね!私も好きです。』と世間話のつもりで声をかけたら、翌日からすごい量のLINEが届くように……。

同期によると、『あいつ、絶対俺のこと好きだよね?新しい服買ったらすぐ気付くんだよ。』と嬉しそうに話していたとか。気軽に褒めたらダメですね。」(25歳/美容師)

女性同士だと、新しい服や髪型に対して褒め言葉をかけるなんて当たり前ですが、相手が女性慣れしていない男性だと勘違いの原因に。

「新しい服買ったんですね」「そのブランドが好きなんですか?」といった、褒め言葉を織り交ぜない世間話がおすすめです。

無意識のボディタッチなのに…

「話している相手の肩や腕などを触るクセがある私。無意識にしているクセだったのですが、最近になって意識してやめることにしています。というのも、先日会社の先輩から急に『お前俺のこと好きでしょ?付き合う?』と聞かれたのです。

恋愛感情なんてなかったのでお断りしたところ、『だったら、気軽にボディタッチするなよ』と怒られました。

軽く叩く感じのボディタッチだったのですが、先輩によると男性はドキドキするとか。それからは意識して気を付けています。」(26歳/事務)

男性に好意を伝える王道テクニックと言われているボディタッチ。

ただ、相手は本命の彼だけにしておきましょうね。

小さなことで勘違いする男性も多いよう

勘違いされた経験があるということは、ある意味恋愛テクニックが身についている証拠といえます。

あとは、そのテクニックを誰に対しても発揮するのではなく、本命の彼に向けるだけ。

あなたが本命の彼を惚れさせる日も案外近いのかもしれません。

(愛カツ編集部)