誰かを好きになると、相手のことがつい気になってしまったり、期待してしまったりと、欲が出てきてしまいますよね。

これは片思いでも、付き合っていても同じだと思います。

相手を夢中にさせる努力も大切ですが、恋をしている最中はうまく自分の感情をコントロールをする必要があるでしょう。

そこで今回は、恋愛依存から抜け出すために感情をコントロールする方法をご紹介します。

恋愛依存をやめよう!「あなたの感情」をコントロールするには?

彼のことしか考えられないとき

依存する恋愛ってうまくいきづらいですよね。

四六時中彼のことを考えているのは精神的によくありませんし、男性も次第にあなたを相手にするのがイヤになってしまいそう。

あなたは、自分の時間を過ごすようにしましょう。

たとえば友達とご飯を食べに行ったり、洋服や家電など買いたいものがあれば出かけたり。

相手への好きの気持ちが強いほど、相手の反応や考えていることが、つい気になってしまったりしますよね。

ヘタに構ってちゃんになってしまうと、相手の興味を薄れさせてしまいかねません。

いっそのこと、「彼のことで時間を割くのは癪だから」と、むしろ彼への気持ちを突き放すくらいの強さで恋をしてみては。

彼もあなたとの関係を考えだし、あなたも彼への気持ちとうまく向き合えるかもしれません。

彼とうまくいっていないとき

好きな人との関係がうまくいっていないと、食事がのどを通らなかったり、仕事に集中できず、ペースが乱されてしまうことってありませんか?

どこかに出かけて、気分転換する気にもならない。

そんなときは、誰か信頼のおける人に悩み相談がてら、ご飯や飲みに出かけてみてはいかがでしょう。

あるいは、仲のいい友達と電話をして、憂さ晴らしをするのもいいですね。

自分の気持ちを分かってくれる人と一緒にいたほうが、自分の気持ちを肯定してくれると思います。

人に自分の気持ちを話すことで、自分の気づかなかった気持ちに気づくこともあるでしょう。

不安になったとき

不安になったとき

付き合う前も付き合っている最中も、好きになった相手の気持ちがわからなかったり、関係が果たしてうまくいくのか。

つい不安になったり、考えてしまうことってないでしょうか。

彼に気持ちを確認することも大事ですが、考えても仕方のないことは、ときには考えることをストップさせることも大事です。

家のなかで過ごしていると、どうしても鬱屈してしまいますよね。

ちょっと気分転換に外に出かけることで、自分の気持ちや彼との関係で整理されることもあると思います。

頭で考えるよりも体で感じる感覚を大事にしたほうが、いい恋愛ができるかも?

自分のなかで考えがまとまったら、アプローチの仕方を工夫したり、彼に気持ちを伝えたり、ふたりの関係に役立てられるといいですね。

より良い恋愛をするために

よく「好きになったほうが負け」とは言ったもので、恋をしていると繊細な気持ちになってしまうことも多いですよね。

そんなときは、こんなポイントで自分の気持ちをうまくコントロールしてみてはいかがでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)