男性を褒めるとき、「さしすせそ」からはじまるワードが効果的だと言われますよね。

あまり褒めることが得意ではない女性も、簡単に男性をいい気持ちにできるマジックワードです。

そこで今回は、改めて男性が喜ぶ「スーパー褒め言葉さしすせそ」をチェックしていきます。

必殺技!男性が喜ぶ「スーパー褒め言葉さしすせそ」

「さ」……さすがですね!

女性よりも上の立場に立っていると感じると、いい気分になる男性も。

褒められて悪い気がする人は少ないですからね。

とくに、その男性が得意分野で活躍した自負が強く、気分が向上しているときに「さすがですね!」と褒められれば「この子に認められたぜ!俺は、魅力的なんだ!」と大喜びするでしょう。

「し」……知らなかった!

相手よりも自分が優位に立っていると感じると、無条件に心地よさを感じる男性も。

女性が「知らなかった!」と謙虚になって褒めると、思わず嬉しくなって沢山自分の知識をたくさん話したくなるよう。

自分に対して素直に反応してくれる女性には、好意を抱く男性が少なくないのです。

「す」……すごい!

過去の栄光や自慢をしたがるに男性は多いもの。

「自分はちゃんと周囲から認められているのだろうか」という不安から自慢話に走っている人もいますよね。

そんなときに、過去の栄光や自慢話を「すごい!」と素直に褒められると、男性たちの気分は向上するでしょう。

素直に「褒められて嬉しい」と感じると同時に、「認められている」という安心感が出て男性の心がグッと女性に引き寄せられるみたいです。

「せ」……せっかくなので!

多くの場合、女性から特別扱いされれば悪い気はしないもの。

「せっかくなので~」という言葉は、自分が他の人より頼られていると感じやすくグッとくるセリフに。

お願いや相談をするときには「せっかくなのでいつもお世話になっている○○さんにお願いしたくて……」などの特別感のある使い方をするのがおすすめなのです。

「そ」……そうなんですか!

「そうなんですか!」という言葉は「自分の発言をちゃんと受け止めてくれている」と思われやすい魔法のフレーズ。

安心感と肯定感を得やすく、自分がちょっと偉くなったような気分にすらなりやすいのです。

「はじめて聞いた!」「びっくりした!」というニュアンスを含めると、好感度が高まりがち。

魔法の言葉を最大限に活用してみて

なかなか男性を褒められないという女性は、ぜひこの「さしすせそ」を応用してうまくキッカケを作ってみてくださいね。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)