恋人が年上だと、甘えたいときに甘えさせてくれたり、グイグイ引っ張ってくれたり…。

女性の「お姫様願望」を満たしてくれそうな期待ができますよね。

もし、年上の恋人が欲しいなと思っていたり、年上男性に恋している場合は、「年上男性ならでは」のアプローチ法を試しましょう。

今回は、他の女性と差をつけて、年上男性から「離したくない」と思われる女性になる秘訣をご紹介します。

年上男性がハマる…手離したくない女性になる秘訣

「人生のビジョン」に寄り添う

相手が年上だと、ついつい自分よりも優れていて、「甘える立場は自分」だと思いがちです。

しかし、彼のことを「年齢差を超えた対等な人間」という視点で見てみましょう。

人間は何歳になっても、「今より成長したい」という気持ちを持っています。

彼も、あなたと同じように夢や目標があるはず。

時にはあなたから、彼の夢やこれから10年以内に成し遂げたいことを質問してください。

そして彼の「人生のビジョン」に寄り添う姿勢を見せましょう。

彼はあなたを「本当の自分を見せられる相手」と感じ、「そばに置きたい女性の第一候補」と見てくれるようになるのです。

「自分はあなたの夢のサポートができる」とメリットや魅力をアピールすれば、彼の「特別な女性」になれる確率が何倍にも上がります。

自分の夢や目標を語る

男性より多少若いと有利なこと、それは「若いエネルギーを与えられる」という部分です。

年上男性に「自分の夢や目標」を語ってみましょう。

すると男性は刺激を受けて、「自分も頑張ろう」という気持ちになるのです。

「若いエネルギー」を与えてくれるあなたは、彼にとって大切な女性になります。

また、先輩の立場からアドバイスしたい気持ちにさせる場合も。

「自分が育てている」という感覚が芽生え、さらに手放したくなくなるはずです。

「セラピスト」になる

「セラピスト」になる

誰もがストレスを抱える中で、年上男性だって誰かに悩みを相談したいし、愚痴を言いたいのです。

男性は、自分を認めてくれて、モチベーションを高めてくれる存在をいつも探しています。

そこで、あなたが彼専用の「セラピスト」になってしまいましょう。

彼はあなたを「理解者」とみなし、頭の中で重要人物のポジションに配置します。

それは「ただ若い子に癒してもらえた」という感覚に勝るものです。

そして、やってはいけないのは、「遠慮すること」。

社会的立場が違う場合、思ったことを正直に伝えていいの?と悩むかもしれません。

しかし、占い師や心理カウンセラーだって、年齢や社会的立場を気にして「アドバイスを遠慮する」なんてことはしないはずです。

彼の心をケアする係として、的確なサポートをすることを優先させましょう。

ただし、えらそうにズバズバ言うのは、男性が引いてしまうので厳禁。

愛を持って包み込むようにサポートしましょう。

冗談を言い合う

年齢差があると少し堅い関係になってしまいがち。

「敬語を使わないといけないかな」なんて思いますよね。

でも、あえて積極的に「冗談を言い合えるラフな関係」になる努力をしてみましょう。

男性は「遊び心のある女性」と一緒にいるととてもリラックスできるのです。

それは、いくつになっても、男性の心の中に少年が住んでいるから。

冗談を言い合える関係の女性は「少年の自分を受け入れてくれる存在」です。

また、男性は「好きな女の子をいじめる」性質を持つ生き物。

そのため、自分に冗談でツッコミを入れてきたり、絡んでくる女性がいたら「自分のことを好きなのかな」と感じ、意識してしまいがちです。

「年上男性を冗談でいじるなんてできない」と思っている女性におすすめの方法があります。

それは、彼が「自虐ネタ」で笑いを取ろうとしてきた時に「愛のあるツッコミ」を入れる、というもの。

これで、年齢差を超えて、自然と彼との距離が近くなりますよ。試してみましょう。

年上男性との距離を縮めるには…

年上男性に有効なアプローチは、年齢差を感じさせず、一人の人間として尊重しあえる関係を築くことです。

ぜひ、今回紹介した方法で年上男性との距離を縮めてみましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)