2人きりのデートもたくさんしてるし、思わせぶりな行動も多いのに、なかなか告白をしてこない男性っていますよね。

彼らの心理は一体どのようなものなのでしょうか?

本記事では、脈ありっぽいのになかなか告白してこない……そんな男性心理についてご紹介します。

愛情は感じるのに…なかなか告白してこない男性の心理とは?

断られるのがこわい

もし告白をして断られたら、いまの関係が壊れてしまうと心配して、なかなか行動に移せない場合があるようです。

とくに「いままで女性と付き合ったことがない」「以前、成功すると思っていた告白が失敗した」「過去に手ひどく振られた経験がある」などといった場合は、告白そのものがトラウマになっているのかもしれません。

そんな場合は女性側から思い切って告白するか、こちらかも精一杯の愛情表現をして安心させてあげるといいでしょう。

いまは誰かと付き合う気分ではない

あなたに好意は持っているけれど、いまは誰とも付き合うつもりはない……というケースも考えられます。

たとえば「彼女と別れたばかりでまだ心の傷が癒えていない」など精神的な理由があるのかもしれません。

もしくは「仕事や資格取得でいそがしい」など、ほかに優先させなければいけないことがある場合も。

そのような男性は「告白して付き合う」という行為を重く考えてしまっていることが多いです。

無理に「私ならあなたの傷を癒やせる!」「あなたの邪魔はしないから!」などと迫るのではなく、少し時間を置いて様子を見るといいでしょう。

この関係を続けたい

この関係を続けたい

告白して「彼氏・彼女」の関係になると、気楽な友だち関係ではなくなり、多かれ少なかれ相手に責任を負うことになります。

そのため、いまの関係に十分満足している場合は、あえて告白をせずに関係をキープしようとしている可能性があります。

また、あなたからの好意にすでに気が付いていて「いつでも付き合える」と油断している場合も……。

お互いにこのままの関係を続けたいのであれば様子見でもいいですが、関係性をはっきりさせたいのであれば、少し引いた態度を取って見るのもいいかもしれません。

告白を待っている

最後は、女性側からの告白を待っているケースです。

告白はできれば男性からしてほしい……そう思っている女性も多いと思います。

しかし告白した側よりも、告白された側の方が今後の付き合いで優位に立つと考える男性も多いです。

そのため、可能であれば相手から告白してほしいという心理から、なかなか告白をしてこないのかもしれません。

そんな打算的な考えを払拭するほど愛情を深めることができれば、告白される日もそう遠くないのかも?

告白を誘導してみよう

「告白」と簡単に言っても自分から言いだすにはそれなりの勢いと勇気が必要です。

そんなときは、こちらから告白をしてもらえるように誘導してみるといいかもしれません。

具体的には、「私たちがもし付き合ったらきっとうまくいくね!」「〇〇君が彼氏だったら最高だろうなー」と言ったり、観覧車や夜景などロマンチックな雰囲気のある場所に頻繁に誘ったりするなどが有効です。

もちろん、思い切ってこちらか告白するのもいいでしょう。2人の仲が一気に進展するきっかけになるかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)